バックナンバー NO.573〜598
掲示板に掲載されたコメントです。

ホーム 掲示板に行くバックナンバーに行く


(598)おひさしぶりです tenten (100/06/29 18:29 Thu)
>さっちんさんはじめまして!うちの息子も 3歳くらいの時 おんなじような事をしていましたまだ おむつがとれる前で 便をしたら 必ずと言っていいほどおむつの中に手を入れて 壁だろうが畳だろうが布団や毛布にいたるまでぬ りたくってくれていました 療育センターの先生に相談しましたが「たいした問題じゃないですよ」と味もそっけもない返事。。。先生にしてみたらたいした問題じゃなくても 親は真剣に悩んでいるのにねうちの子の場合2、3ヶ月くらい続いたかなぁ(もうかなり前の事なので 確かではありませんが)さっちんさんのお友達もとても悩んで疲れておられることと思いますでも これから先 一生続く事ではないしこの私でも乗り切れたのだから。。。(私ってほんといい加減な母親だったの)さっちんさんのお友達も頑張って乗り切って頂けたらと思います

(597)ちょっと知り合いの子が・・・ さっちん (100/06/28 08:28 Wed)
はじめまして私の知り合いのお子さんが自閉症という障害を持っていると聞いて、少し調べていたらこのページに入りました。今、少々悩み事があって・・・実は、その子が「便こね」といって、壁や畳に便を塗りたくるというのです。私は、なんと答えて良いのかわからず、何か解決方法はないかと途方に暮れています。 何か手だてはありませんか?(とってもかわいい男の子なんです!!)是非、相談にのってください。

(596)天使と悪魔 こうの字の母 (100/06/28 06:29 Wed)
子どもがまるで、天使のようなとき。それは、スースー寝てるとき。「おまえはなんと美しい顔をしてるのだ」と思う。そして、何でもないようなときに笑ってるとき。これは他人様から見ると一見「変」なときでもあるが、関係ない。多分、本人の頭の中で何か思い出して笑ってるであろうと思う。心の底から爆笑してる様なとき、こちらも思わず笑ってしまう。でも、そんな天使ちゃんも、悪魔に変わることがある。それは、泣いて騒いでキックして・・。本人の中で何かと戦ってるとき。まあ、ほぼ思い通 りにならないとき。 解ってあげられて、しかも許容範囲のことならば思い通りにさせてあげて、万事休す。 がしかし、これが理由の解らないときもある。少しずつ言葉でのコミュニケーションができつつある、今日この頃では大分減ってはきたが・・・。またわがまま、我を通 したいときなどもあり、今、ちょうど私と子どもとの「勝負な時期」かも知れない。根負けしないようにしなければいけないなあ・・。 でも、なかなか手ごわいんだな〜。これが。 譲れないことは譲りません。といった意気込みでいこう・・と思う、今日この頃でありましたる 

(595)みんなで手をつなごう のんびりやさん (100/06/27 11:41 Tue)
はじめまして。私は保育士をしています。自閉症のお子さんを一対一で保育させていただいてます。掲示板を見ていて、みなさんが子供たちのこと分かろう、地域みんなで育てていければと思っているんだなということが伝わってきてとても嬉しくなってしまいました。この子が嬉しいと思う事を保育園にいる間だけでもたくさん保障していこう、同年代の子どもたちのなかで色んなことを一緒に経験していこうと保育しています。大変なこともいろいろあるけど、毎日二人気ままにお散歩したり、クラスの子どもたちのありのままに受け止める姿に感動しつつ。。。 幼年期に一緒に仲間として過ごすこと大事だなあと思います。一人で子育てしないで手を取り合って外に出て行きませんか?

(594)はじめまして! りさ (100/06/27 02:55 Tue)
りさ23歳(障害者)です全国にお友達を作りたいと思ってます!!3月に結婚して仕事&家事をがんばってますよろしくねっっHPに結婚式の写 真をUPしてるので良かったら 見に来て下さいねっっ

(593)『障害を持つ子のいる暮らし』は最高!! 祐機ママ (100/06/27 01:07 Tue)
『障害を持つ子のいる我が家』は最高!!お宝息子を見ながらいつも思う。この子のおかげで掲示板のみんなとも会えた。この子の障害がわかったとき,『この子が笑える事,楽しいと思える事を沢山してやろう』そう思った。私はその日の事をずっと忘れずに暮らしていこうと思っている。先日義母がゴロゴロ,ピョンピョンしている息子に『いつも学校でなんばしよっと??』と聞いていた。その横で主人が『いつも遊びよらすとたい』といっていた。(お宝息子は養護学校である)『ふ〜ん。』と義母。『世間の事とか,人との関わりとか悩まんでもいい。ゆうきは幸せ。』と主人。本当にそんな生き方があってもいいな,と思いました。今から沢山,大変な事があるのはわかっているが,この子が可哀想だとは思わないようにしてる。本人も今のところ至って,幸せそうである。沢山の人にふれあって,いつかこの子が何かに愛情を注げる日が来ればいいなと思う。それが動物でも植物でも物でもいい,なにかを大切だと思えるように私たちもこの子に精一杯の愛情を注ぎながら暮らしていこうと思っている。キャ---。何かベストセラ−の本みたいになってしまった。

(592)字まちがえちゃった。↓ こうの字の母 (100/06/26 06:59 Mon)
毛利子来先生ですね。ハハ・・。たぬ き先生とも呼ばれてるようで・・。

(591)私もその本読んだことあります。 こうの字の母 (100/06/26 06:57 Mon)
たしか、山田真先生のところのお子さんも障害があったような・・。私も山田真先生・毛利田子来(たねき)先生・両方好きです。  山田真先生の「子供の健康診断を考える」という本も、「障害児の選別」みたいな趣旨のもの項目もあり、なかなか共感もてました。

(590)元気が出る本を見つけました。 まーりんまま (100/06/26 03:12 Mon)
息子も、保育園に毎日喜んで登園するようになり、自分一人の時間が持てるようになったので、この前図書館に行ってきました。「障害をもつ子のいる暮らし」毛利子来・山田真・野辺明子 編著この本を借りて読んでみたのですが、自閉症に関しては、今まで読んだ本は結構落ち込んでしまったりしたのですが、これは、医者でもこの様 な考えを持っている人がいるんだと、救われる思いがしました。診断をされてからは、毎日落ち込んで、息子の良いところも否定してしまって、どうしようもない思いでいたのですが、この本を読んでからは、我が子は、個性の強い、元気な子供なんだと、前向きに私も息子と共に生きていきたいと思います。

(589)嬉しいことがありました。 りったんのママ (100/06/25 14:21 Sun)
昨日の朝の事ですが、なんと、りったんは保育園の駐車場で車から降りてすぐに、お姉ちゃんと自ら手をつないだのです。お姉ちゃんは今週風邪のため5日ぶりの登園だったので、やはり寂しかったのでしょう。その日の連絡帳にも、お友達と手をつないだり、自らお友達に触ったりと、とても楽しそうでした。と書いてありました。嬉しくて、何度も読み直してしまいました。昨年の今ごろは、ものすごい多動で一言も言えず、指差しも出来ず、オムツのウンチを手で取って口に入れたり、すぐにものすごい奇声を上げたり、誰かまわず髪の毛をひっぱたり、口の中から食べ物を吹き出して歩きそこらじゅうドロドロ、どこへ行っても傍若無人と言う言葉が、りったんの為に有るように思え「野生児なのよこの子は」と言って笑うしかなかったのです。今でも多動ですがおかたずけも気が向けばできるし、お散歩も始めにうちは手をつなぐ事がいやでものすごく暴れますがそのうち落ち着いてきて、少し歩けるようになりました。これも、毎日りったんと接してくれている頼もしい保育士さん達のおかげなのだと思います。明日は運動会です。多分りったんは、会場を何度もグルグル走り回る事でしょう。

(588)もうすこし時間がかかるかも。。 かなめ (100/06/25 03:49 Sun)
センターエッグさん・りりたんさんレスありがとうございました。おっしゃってることは本当にそうだと思います。私の場合、息子が自閉症だと診断を受けた直後のサークルでのグループワークだったので余計に自分自身、息子自身がみじめに思ったせいなんだと思います。たしかに普通 の成長しているお子や軽度のお子達にかこまれたほうが良い刺激になります。実際むすこはこの1年でめざましい成長をして、周りをびっくりさせています。そうなんだよな。。結局、気持ちにみじめさがあったからあんなこと書いたんだ。。もうすこし時間かかりそう・・でも、がんばってますので見ててくださいね。

(587)特学でも、養護でも ぽてと (100/06/25 03:29 Sun)
それぞれの子供の状態や、親御さんの考え、住んでいる地域の実情などを考慮して、選択するのが良いのではないでしょうか。かくいう私も、昨年、養護の見学に行き、地元の小学校の特殊学級も見学し、(どちらも子供本人を連れて)結局子供の反応をみて、今通 っている特学にしました。本人は、それまで行っていた幼稚園の隣りにある小学校のほうがなんとなくなじみがあったのと、お友達がみんなそこに通 うから、みたいな理由だったのかもしれませんが。ただ、私自身は養護のほうが職員の数も多いし、遊具も建物の設備も立派だし、健常のなかの特殊より、障害児の専門の学校のほうが子供も精神的に楽じゃないのかなーと考えたりしているのですが・・・子供は、今のところ普通 学級のお友達や先生に助けられながらも、毎日楽しく登校しています。でもそのうち、また勉強などの面 で遅れが目立ってきたり、いずれ悩む時がくるのかもしれませんよね。

(586)みちよままさんへ こうへいの母より (100/06/23 16:33 Fri)
遅くなってしまいましたが、メッセージありがとう。とりあえず、自閉症の疑いは、限りなくあるのですが、今は、これという対策もないので、もうしばらく(3才くらいまで)様子を見るしかないと思っています。後ろ向きにばかり考えていたわたしですが、もう少しまえ向きにやって行こうと思いました。このページを見て、ちょっと元気が出そうです。

(585)学校選び,それは経験だと思います。 祐機ママ (100/06/23 10:54 Fri)
うちのお宝息子は,現在養護学校,ピカピカの一年生。今は『どろんこ遊び』を単元でやっています。そのまえは『すべり台へGO!!』でした。おかげで,楽しく暮らしているようです。1日,24時間,その内の学校は6時間,あとは家で過ごす。療育というものは,家でも出来るし(やっていないが....) ならば,学校には楽しく行ってくれればイイ!!こうの字の母さんのように私も養護学校見学に行ったとき,『ようこそ,おいで下さいました』と言われました。そのときの自分の気持ちは忘れないでしょう。こんなに,ホッとした事はありませんでした。私が,学校に望むこと。それは『経験』です。通 常学校では『特殊』な我が子。でも,養護学校では『普通の生徒』なのです。 養護学校には沢山の障害児がいます。いままでにも色々な沢山の事例があるはず。きっと息子にもその経験を生かしてくれるでしょう。

(584)その3. ちび太の母 (100/06/22 23:54 Thu)
そして、熱心な先生にも助けていただいてとても有意義で、楽しい一年をすごしたのでした。そして進級し、3年生になったこの春・・・・担当の先生が、アホでわからずやのトンチンカン先生になった・・・。さすがに温厚で(?)おとなしい(??)私も怒り頂点に達したため、果 たし状をつきつけたところ、はじめは来週の予定だったのだが、 恐れをなしたのか、トンチンカン先生。日程の延期を申し出てきおった。 ふっふっふっ。。。母親ナメたら痛い目みるゾ〜!!!そう、環境や生活なども大事だけど「先生」も問題だよ。しっかし、こればっかりは選ばれへんから、ナンギよね〜!

(583)その2 ちび太の母 (100/06/22 23:45 Thu)
そして、2年生になる春に養護に転入。 事前に見学に行った時のこと。ついでだから・・と、今困ってることを相談してみました。私 「うんちがオムツでしかできないんです〜。それも自分で履き替えてしまうんですよ〜。」先生「それはある意味、自立してるってことですよ」 目からウロコ、とはまさにこのことです!ちょっとだけ、見る角度をかえてやればいいんですよね。そうすればアプローチの仕方だってまた考えられるし。こんな先生がいるんだったら、ゼッタイ養護!ってきめてしまいました。それにこうの字の母さんがおっしゃるように、遊具もすごい!うちの学校はほとんど工事現場状態。先生達お手製の、単管・コンパネ・ロープ・ビール箱などを使った建造物(!)がたちならんでいるのです。サルのちび太はすっかりサルに戻ってしまいましたとサ。

(582)普通 か・・特学か・・養護か・・それが問題ダ・・・ ちび太の母 (100/06/22 23:35 Thu)
うちのちび太の場合。 就学審議会では養護を勧められたのですが、私がゴネたら普通 に加配の 先生をつけて入れてくださいました。やればできるじゃ〜ん、って感じです。とても熱心な先生でよかったのですが、やはり生活のリズムに問題がでてきたのです。行事が多すぎるのです。運動会のシーズンになれば半日校庭で行進の練習。音楽会のシーズンになれば、一日中ガーガーピーピー学校中に鳴り響く楽器の音。(下手くそ!)うちのちび太にはやはりムリでしたね。環境が。

(581)重度・中度・軽度??? こうの字の母 (100/06/22 19:18 Thu)
うちの子5歳は、病院(心理)では「軽度」児相の判定医は、「重度」(まあ、こっちの方がメリット大なのでラッキー)。よくわかりません。でも、去年より「できること、わかること」が増えてきました。 少しずつですが、変化してます。でもでも、「できないこと」も沢山あります。「できないこと」はしょうがないので、「できそうなこと」は少しずつ 親も働きかけて、やっていこうと常日頃思っている、ワタクシでありました。 こないだ、養護学校の見学に行き、最後に校長先生が「皆さん、ぜひ養護学校へおいでくださ〜い」と、言っておられました。毎日楽しそうで、体使ってする遊びも、特学では味わえないぞーっていうくらい、ダイナミックな遊具が沢山。教科的な{国語だとか算数的なもの}は、スケジュールに入ってないけどお子さんによっては、個々に指導もしてくれるらしい・・。(学校によって違うかもわからんが)さあ、あと2年弱・・。うちは、今のところ普通 クラスは今現在、頭の中から消えてます。特学か養護・・。迷うな〜。

(580)うちも・・・ りりたん (100/06/22 10:30 Thu)
かなめさん、うちの子も療育施設ではかなり重度の方で最初はちょっと戸惑ったけど 今ではそういう(中・軽度の)子の中でやっていく方が良い事に気がつきました。 だって、重度の子ばかりでは会話がほとんどないしどんどんできる子がいると少しでもお手本になるでしょ?今は中・軽度の子に少しでも近づくように家でバリバリ療育しています。

(579)いろいろと教えてください みちよまま (100/06/22 09:35 Thu)
4月に普通クラスに入学した家の息子、毎日と言っていいほど何かやってくれます。先生は長い目で見ていこう。とおっしゃってくださいますが、良くなっているのか、退行しているのか不安です。家の近所はなぜか、自閉症の子や、学習障害児の子が多くて、(歩いていける距離で5人)年齢も色々ですし、親の考えも色々で、なかなか腹を割った話が出来ません。(面 と向かってその話ばかりも疲れるし、) 普通、3,4年生で一つの山があると言いますが皆さんどうやって乗り越えられたのでしょうか。近所のお子さんは、登校拒否になられて、中学は,私設の学校に楽しそうに通 っています。初めから養護学校を選ばれたお子さんも学校は楽しいと言います。うちの子はどうしょうか・・

(577)なんかおかしい・・ かなめ (100/06/21 20:56 Wed)
>みなさんいろいろ心温まるレスありがとうございました。時々涙を流しながらでもいいやっって思いながら、これからを乗り切っていきたいとおもってます。今日はちょっとグチかな・・もう1年近く通 っている、市の療育サークルでの話。今日はグループワークで今年から来ている人の話を聞きました。去年ははっきりとした自閉症のお子たちがほとんどだったんですけど、話をしてるとうちだけが自閉症で、他のお子はそれくらいで療育サークルに来るなよ〜〜!!ってレベルのお子達ばっかりで。だって「あっそれうちのこもできるよお!」とかいってケラケラ笑ってるレベルなんだもんなぁ。少しずつでもしゃべれてる子ばっかりだし。そんな子達と一緒のことなんてできるか?と思うのですが、おかしいでしょうか。。ああ気が重いなぁ・・

(576)はじめまして ぼうまま (100/06/21 13:54 Wed)
自閉傾向のある小学四年の息子を持つ母です。子供は小学校の普通 学級に在籍していますが、大体一時間ぐらい保健室登校をするだけで、ほとんど家で教育しています。専門家に見せた方がいいかどうか、私自身は迷っていますが、夫の「子供にレッテルをはらずに、個性を伸ばしてやろう。」という教育方針にしたがって、医師の診断は受けていません。今子供は、本やテレビなどを通 して、すごい勢いで、知識を吸収しているように思えます。 でも、母親の私の方が、周囲から誤解されることに時々めげて、はっきり診断された方が、楽かなと思ったりもします。もっといろいろ勉強します。子供が、幸せに生きていかれるように……。方法は、子供の数だけ、あるいは親の数だけ、あるのだと思います。また、おじゃまします。

(575)はじめまして! りりたん (100/06/19 06:27 Mon)
おじゃまします。子どもは3歳の自閉症の男の子です。診断は2歳の終わりにだされました。東京の専門の病院だったのですぐにわかりました。ショックだったけど今は前向きに療育しています。皆さんお互いガンバローねー。

(574)かなめさんへ たっちゃんまま (100/06/18 22:29 Sun)
かなめさん、はじめまして、私もここに何度か書き込みさせてもらっていますはっきりとした、診断が出て涙した気持ち本当にわかります私の息子も、って言うか自閉傾向って診断されたってことは多分、自閉症なんですよね。。。。。私も、先生からはっきりいわれたら同じだと思います本当に今いつ言われるかこわいですだから手帳はとってません(認めたくないですよね)悪あがき、かもしれません でもまだ息子が、かわってくれるしゃべってくれるそう思ってますでも、子供はきっとお母さんを選んで生まれてきてるんですよかなめさんだから、私だからちょっとこまらせて心配させてなにかを教えてくれるために・・・ 周りに支えてくれる人いるみたいで安心ですね1人じゃないから少しづつ前向きにがんばりましょう

(573)はじめまして! tenten (100/06/17 18:40 Sat)
はじめて投稿させて頂きますこちらは まだ小さな子供さんが多いようですねうちの息子は 自閉症と診断され 早や13年今 養護学校高等部1年生です>かなめさんショックだったでしょうね 私は診断が下される前から自分なりに調べてわかっていましたが 当時とても若かった私は今いち 事の重大性を把握していなくてしばらくしてからじわじわ〜とショックがこみ上げて来たって感じですこの子が健常児だったら・・・と思ったことも何度もありましたでも 色々考えているうちに「今の平和で穏やかな生活があるのは この子のおかげかな」と言うことに気付きましたと言っても ただ今 思春期真只中の息子には ほとほと疲れさせてもらっていますが・・・今が一番しんどい時だと思って 日々耐えています(笑)かなめさん 今から色々あると思いますが仲間はたくさんいます(これって喜んでいいことなんだろーか???)いっしょに頑張りましょうね!!


ホーム 掲示板に行くバックナンバーに行く
Copyright(c) 2001 yoshino tuyoshi
ご意見ご感想は ty1022@stagweb.com まで