バックナンバー NO.2132〜2147
掲示板に掲載されたコメントです。

ホーム 掲示板に行くバックナンバーに行く


(2147) うりちゃん(2002年9月14日 9時18分14秒)
裕ママの言われるの、痛いほどわかります。 せめて子供が○○だったら・・・と思われる気持ち。 でも、でも、親の気持ちというのは際限がなくって、もしそうだったとしても またどんどんこうだったら・・・・って思う気持ちもあるかもって感じるんです。 そして、人間の中には、針の先ほどの怪我で大騒ぎする人もいれば、死ぬような怪我をしているのにじっと耐える人もいます。自分だけがなんでこんなに大変なの・・って思うときもあると思います。 幼稚園に行ったとき、ふとあるママの大変な悩みをちらりと聞いたことがあって、 健常児でもこんなに思うときがあるんだ、自分だけが大変だって思うこともないのかな、なんて思ったことがあります。自分を含めて子供のすべてを周囲が受け入れはじめた時から、少しずつ前向きになれると思います。お互い頑張りましょう。  

(2146)とーたん (2002年9月13日 20時53分28秒)
わっこさん、はじめまして。 そうですか、高機能の自閉症だとすると、確かに納得いきますね。 そんな感じなんでしょうか。それもそれ、大変ですね。 まあ、高機能でない子を持つ親からすると、ウラマヤシイという気持も出ますが。 高機能でない時、また知恵遅れを併発している多くの場合は、早目に気がつくし、療育を尽しつつ、「受容」の段階で早目にいくかもしれない。 高機能であるとき、むしろそれが難しくて、辛いでしょうね。 自閉症というのは、まあ広い意味で個性の一環だろうと勝手に思います。高機能の場合、尚更にそんな感じもする。んで、なんでカミサマがこんな類いの障害を存在させたかと思うと、なんか、人類の幅を広げるためでは、なんて思ったりもする。 自閉症というものを知って、「認知」とか人の考えていることを理解する能力とか、大分考えさせられますもん。自閉症でなくても、この方、その能力がないなあ、と思う人、大人にも多くないですかあ?? 話がずれた。今後、いろんなことがあるだろうと思います。しばらくは家族らの勉強と、認識だろうと。そして、本人自身が能力がおありなのだから、−ひょっとして、レインマン?のようにサヴァン症候群の能力もあるかも、凄いですね−、尚更に自閉症という自覚を、ゆっくりゆっくりできていけばいいのかもしれないと思います。 それから、自閉症の本、まともでないも中にありますから−どこかのサイトにまとめてあったなあ−ご留意を。 母親としてしばしベッタリになるでしょうが、そのままではいけないと、いつか自立できるようにしていかないと、とりあえず頭では分かっていた方がいいかも、と思います。 健常児において、飛び立ちがうまくくいかない青年、成年を見るにつけ、高機能自閉症において、健常児の場合より、早く方策がとれるかも。 生意気ですいません。

(2145) わっこ(2002年9月9日 14時4分21秒)
私には15歳の息子がいます。今まで彼の事を私は、病気だとは思いませんでした。 臆病で、人見知りが強い子だと思っていたのです。しかしそんなある日テレビで見た「自閉症」のその子はどこかウチの息子に似ていたのです。 だけどそれまで私が勝手にイメージする自閉症とはその子は違っていたのです ・・・幼い頃彼は言葉の発達が送れていて、友達と遊ぶ事もありませんでした。 一人ブロックで遊ぶ事を好み、絵本が大好きで、いつのまにか文字を覚え、一人でず〜っと本を読んでいました。それを別 におかしな事だとは思っていなかったのです。  小学校に進み勉強の成績はいつもトップでした。ただ絵をかいたり、作文を書いたりすることがとても苦手で、机の前で固まったようになる事が何度もありました。 だけどそんな時もそれが彼の個性だと思っていたのです(いや無理に思い込もうとしてたのかもしれません・・・・) 成長するに従いそれは無くなるでしょうと思いながら、中学へ進みました。 家で勉強しなくても成績はトップクラスでした。「先生の話しを集中してきけばわかるよ」とよく彼は言いました。 運動会、遠足、文化祭、修学旅行学校の行事のたびに彼は動かなくなりました。 先生や同級生が話し掛けても、理由も話しません・・・・・彼にしてみれば[いつもと違う]という事が原因らしいのだけど それは回りのものには理解できなかったのです。 そんな時目にした番組で、もしかしてこの子は「自閉症」なのかもというう不安が浮かび上がってきたのです。 そして先日心療内科へ息子と一緒に出かけてきました。 病院で「自閉症」だと言われたらどうしよう・・・・否定してほしい、この不安から開放されたいという気持ちがいっぱいでした。 彼がもっと自分に自信を持つ事が出来れば済む事なんじゃないかしら・・・・ しかし先生はおっしゃいました「お子さんは自閉症と呼ばれる病気に属しています。」 息子の前では泣きたくないと思いながらも声は震え、涙があふれてしまいました。 今まで息子を理解できなかった自分が悔しく、もっと早く病院を訪れていればと後悔しています。不安ばかりで書店で「自閉症」関連の本を探してみましたがあまりに簡単に書かれている本ばかり、その上完治することは無いようだし、不安ばかりです

(2144)ちあき(2002年9月9日 0時46分32秒)
がらがらどんさんの件で、色々な意見が出ましたね。実は、私の甥っ子も自閉ちゃんなので(やはり兄夫婦の子)、がらがらどんさんの悩み、ちょっと前の私とおんなじです。しかも私の長男も自閉なので・・・ 可愛い甥っ子、でもだんだん、自分の息子に似てくる。行動なんかが・・正直、夜寝られないくらい、悩みました。でも、私は、自分からは、はっきりとは言えなかった。早く言ってあげたほうが本当は良かったかも。でも言えなかったんです。そのうち、義姉から相談されました。「だんだん、K君に、似てくるのよ・・・」 その日からは、良いと思えるアドバイスは、全部できるようになりました。今息子が通 っている療育期間への見学も勧めています。 でも、私自身の事を振り返ると、誰かに、もっと早くはっきりとアドバイスしてもらいたかった。息子が4歳で、「ふつうの遅れではないと思います」と大学の先生に言われた時、ショックだったけど、少しホッとした事を覚えています。 今では、義姉と私は、療育仲間、「同志」です。

(2143) 裕ママ(2002年9月8日 23時41分43秒)
がらがらどんさん。悩みますよね。でも、私も、うりちゃんさんと同じような意見です。やっぱり、早期発見早期療育ですよ。私の地域は、1歳半検診で指差ししない子は、療育センターに、見学に行くよう勧められます。で、入る子もいれば、様子を見る子もいます。センターはとても、楽しそうで、先生が徹底的に遊んでくれます。(施設によって、療育方法はちがうだろうけど…)裕は言葉が遅いだけの子だと思っていたのですが、いざ自閉症だ!と、言われたら、赤ちゃんの時から、呼んでも振り向かなかったのに、目もあんまり合わなかったのに、どうして、教えてくれなかったんだろう(主人のいつも来ている妹は保健婦なのです)本当は、1歳半検診のずっと前からおかしいって思ってたんじゃなかったの?っと思う気持ちも湧いてきました。1歳半から、療育を受けている裕でさえ、親の私からしてみれば、もっと小さい時からわかっていれば…と、感じるのです。姪ッ子さんも、障害じゃなく、ただ言葉に遅れがあるだけかもしれないじゃないですか。それならそれでいいと思うのです。ただ、障害があった時、少しでも早いほうがいいんじゃないかなって思うのです。ただ、言いにくいですよね。やっぱり、ご主人さんを通 してとか、おじいさんおばあさんを通して「言葉の教室っていうのがあるよ」くらいにどうでしょうか?

(2142)うりちゃん (2002年9月8日 2時20分15秒 )
がらがらどんさんへ 本当に姪っ子ちゃんのために心配してくれてる姿に心打たれました。 他の皆さんが言われているのももっともだと思います。私自身も、自分におきかえたら、言われたらどうするだろう・・・って思いますから・・・。 ただ、思うこと。。あくまで私見ですが。  以前書いたと思いますけど、今現在、息子は福岡スピーチクリニックに通 っています。私が長男を連れて行ったのはもう5歳8ヶ月を過ぎてからでした。 5歳前につれてくるのがギリギリで成果が現れるといわれ、言語訓練は早ければ早いほどいいと言われました。3歳前が一番ベストだそうです。 息子はかなり遅く行ったにもかかわらず、そこそこの成果はでています。先生との絵カードの問題を解くのがお勉強ではなく「クイズ」だと思っているせいです。 今現在長男より2歳年少の子が同じように訓練を受けていますがやはり伸び具合が全然違います。今、ここに通 っているお母さんたち数人とどんなものを食べさせたらいいか、とか、マッサージ法とか色々情報交換しています。それぞれ効果 がでるし面白いですよ。 保健所等やそういう公共の機関に相談というのは、心配しながらもなかなか踏み出せない部分があります。ポジティブに受け入れられる方法のひとつとして、多少お金がかかっても、「ことばが心配なら、幼児教室でこういう遊びを取り入れながら お勉強できる方法があるよ、一緒に電話帳で捜してみようよ」なんていいながら 相談に乗ることがいいかもしれません。まだ2歳なのですから、可能性は十分にあると思います。これからの子供の未来を思えば、多少お金がかかっても、おかずが2品くらい減る生活をしても試してみる価値ありではないでしょうか? 市内の公共の福祉センターにももちろん在籍していますが、お母さん同士のコミュニケーションという点ではいいかもしれませんが、積極的な療育には結びつきにくく、なかなか最初のうちは受け入れるのが難しいと思います。  幼児教室でも、お受験のためだけでなく、そういう対応してくれるところが捜せば必ずあると思います。都市圏ならなおさらですよね! あくまでも私見ですが、ひとつの意見として聞いていただければと思います。

(2141) ゆうゆ(2002年9月5日 14時26分43秒)
ようやく夏休みが終わりましたね〜 初めまして、ずっと読ませて頂いてます。 うちにも今年小学1年生の男の子がいます。自閉傾向の知的障害があります。 特殊学級に通っているのですが。 今の所うまく適応してくれていて助かっています。 初の夏休みだったので、てんてこまいしてしまいました。同じ学校の3年生のお兄ちゃんがいるのですが。今はそっちの方が扱いが難しく。頭を悩ませてくれます。 二人とも同じように接しているつもりなんだけど、どうもお兄ちゃんには不満があるのか、私が厳しすぎるのか・・・(そんなつもりは無いんだけど。) 反抗的な態度。下の子にはしつこくちょっかいを出すし。注意をしても左の耳から入って右から抜けて行っているようで。余計腹がたってしまいます。 ご兄弟がいるおうちはどんな様子ですか? 下の子がそうなんだからお兄ちゃんには優しくなってもらいたいと思っているのだけど、私がキツイ態度を取ってしまっているのかもな〜と反省もしています。 ちょっとまとまってなくてすみません。

(2140)チューリップ (2002年9月4日 16時19分55秒)
夏休みが終わりました。 4人の子供がいた夏休みは毎日がお祭り騒ぎだったので 2学期が始まり、私と新生児の2人っきりになってすごく静かで平和に なりました。 でも、ちょっと寂しいです。 事故にも病気にも縁のなかったいい夏休みでした。 皆さんのところはどうでしたか?

(2139) オリーブまま(2002年9月2日 12時13分21秒)
絵本のことアドバイスありがとうございます。すごく参考になりました。絵本を好きだということを誉めてもらえたことが、なんだかとてもうれしく。彼が今やってること自体を認めてあげると、また関わり方もちがっていけそうです。

(2138)がらがらどん (2002年9月2日 10時26分24秒)
みなさん、たくさんの方々がご意見を下さって本当に感謝します。ありがとうございました。姪っ子ちゃんの様子を見て、心配になってしまって、あやうく先走るところでした。 妊娠中から出産も、そしてその後も、いろいろと心配なことの続いた姪っ子ちゃんだったので、姉もずっと悩み続けていたと思います。なので、なおさら早くサポートしてくれる専門家の人に出会えたほうが悩みが軽くなるんじゃないか・・・・?そう思っていました。でも、皆さんのご意見を読んでいて、そんなもんじゃないな、というのがよくわかりました。わたしが何か言うことで受ける姉のショックとか、苦しみについて、あまりにも 想像力が足りなかったようです。いつもそばにいて見ているわけでもないのに、たったの 3日間一緒にいただけの私にそんなことを直接的でないにしろ何かを言われて 腹立たないはずがありませんよね。何よりも我が子のことを一番真剣に考え、悩んでいるのは、他でもない、親である兄であり義姉であり、その二人に専門家でもなんでもない 私が口を出すべきではないですよね。みなさんの言う通り、今は見守りたいと思います。 ご自分の体験まで話してくださった、たけちゃんママさん、祐機ママさん、みあちゃんママさん、へいすけママさん、ほんとにありがとうございました。 そして・・・もしかするとこの掲示板でこんな意見を求めてしまった私の行為自体 すごく無神経だったのでは・・・?と思うようになりました。もしも この掲示板をいつも楽しみにしていて、私の書き込みで気を悪くされた方がいたら ごめんなさい。お騒がせしてしまいました。 最後にご意見くださった皆さん、本当にありがとうございました。

(2137) へいすけママ (2002年8月31日 20時51分5秒)
そうですね。私もたけちゃんママたちの意見に賛成です。 なぜなら今振り返ると私はへいすけに障害があると言われたときそんなにショックでなかったのは、それまでへいすけと毎日のんびりと楽しく過ごしていて、そりゃあ『よく動く子で困るなぁ」とつねづねおもってはいましたがそれでもいい日々を過ごせていたので障害を指摘されたからと言ってへいすけとのその日々が急に変わるわけではないからだったように思えます。  なので義姉さんが今それなりに子供といい関係とつくり、大変ながらも頑張っているのなら、今はそっとしておいたほうがいいと思いますよ。そして障害がはっきりしたとしてもあなたにしてあげれる最良のことは、普通 の子の様に義姉さんの子供も見てあげることとお兄さんに育児に協力するよう口うるさく言って上げる事でしょうね。と私は思いました。

(2136)みあちゃんママ (2002年8月31日 16時23分18秒)
http://www001.upp.so-net.ne.jp/teketeke/
兄夫婦の・・・>他の人のカキコを読んで、赤ちゃんにお酒を飲ませて死なしたお母さんの事件を思い出しました。私は人に指摘される前に、娘の発達が遅れていることが分かって相談したので、指摘されたお母さんの気持ちが分かっていませんでした。安易に考えていた自分が恥ずかしいです。 確かにどんなに心配してもらっているからって人に指摘されたら、お母さんは傷つくかもしれません。そしてもし私が知っている人に障害があるように見えても、その事は言わないと思います。相談されたら、当たり障りの無い言葉で相談を受けると思います。 ただそれが自分の親だったり、兄弟だったりしたら素直に受け入れることが出来のではないかと思います。それは、無条件で心配してくれると感じられるから。他人には言えない事でも、家族なら言える事があると思います。家族ってそういうものだと思っています。 がらがらどんさんの場合、その頃の自分の時の心理を思い出すと、とてもお姉さんに直接話すなんて出来ないです。もし話すのであればお兄さんに話した方が良いと思います。 とーたんさんが言うように根拠を持って。後はお兄さんの判断に任せたら良いのではないでしょうか。 いくら忙しいお兄さんでも自分の大切な家族のために考えてくれると思います。 これは私の個人的な意見ですが、たけちゃんママがおしゃる事ももっともだと思っています。 どんな形になったとしても、出来る範囲で力になってあげてください。 この前書き忘れたのですが・・・ もし相談することになったら保健所だけではなく、行きつけの小児科医でも構わないと思います。こちらの方が小さい時から診てもらっているで相談しやすいかもしれません。(唐突ですみません。) 私自信、娘の障害が分かった時は悩み自分を責めました。特に妊娠中に喘息に掛かり入院していたので、そのせいで障害を持ってしまったのではないかって。義母や義姉が娘が元気に生まれた時「あんなに注射を打ったり薬を飲んでいたのに良かった。」って話をしているのを聞いたせいかもしれません。もちろん、医学的にはそういう事はないとドクターに言われましたが。 でも生まれて何年も経って、原因や障害なんてどうでも良くなりました。どんな子供であろうと、自分の娘は愛しい。たとえしゃべれなくても、同じ歳の子供たちと違っていてもこの子はこの子、元気でいてくれたらそれで良いって。 時間が掛かりましたが、今は充実した毎日を過ごしています。

(2135)管理人です (2002年8月30日 21時46分54秒)
毎日多くの皆様からの書き込みありがとうございます。おかげ様で、がんばるWEBも公開し、4年が過ぎました。本当は書き込みされたお一人、おひとりに御礼を述べなければならないのですが、この場をお借りして御礼を述べたいと思います。「本当にありがとうございました」今後もがんばるWEBをよろしくお願いいたします。さて掲示板が独り歩きしましたがんばるWEBですが、仕事にかまけて更新を長い間しておりませんでした。多くの方からも更新はどうなっとると・・(九州は博多弁)というメールをいただきました。そして、亮も今では中学2年生になりました。この度、やっと9月の中旬頃に更新する予定ですので、また、見ていただけたら嬉しく思います。リンクに関してもメールをいただけましたらリンクを張らせていただきますので、よろしくお願いいたします。この掲示板にアドレスを書き込まれてる方のホームページはできる限りリンクを張らせていただきますので合わせて更新をお待ち下さい。それでは更新時期がはっきりしたしたら、また掲示板上でご報告いたします。 そうそう・・安瀬之波 膳太夫さんのHPにもリンクして頂いてありがとうございます。こちらもリンクを張りましたので、よろしくお願いいたします。

(2134)祐機ママ (2002年8月30日 11時38分20秒)
こんにちわ−−。 さてさて,とても優しいがらがらどんさんへ。 私もたけちゃんママに賛成です。 うちのお宝息子は私が仕事をしてたもので,6ヶ月から保育園にやりました。 でも,ひっかかったのは1才半検診の時でした。そして2才になったときに又,保健婦から打診があり,その時に〔自閉症の傾向あり〕と言われたのです。 その時の保健婦ときたら(育て方が悪い)だの,並べ立てまくり,この私もさすがにあの時はまいりましたねぇ〜。今なら言われたことの3倍くらい言い返すのですが(笑)。 そして,その事を園に話すと,それはそれは,あっという間に通園施設への通 園が整いました。今思えば,先生たちがわからないはずがない,わかってたんだろうな〜と思いますよ。だから検診を待ってみたらどうでしょうか。 いずれ障害児の親というものは壁に当たるのです。そしてそれを乗り越えるのは本人なのです。『障害児でも健常児でも一緒,かわいい我が子』と気づくまで親は悶々と堪え忍ぶしかないのです。そしていつか雲が晴れたときが乗り越えた時なんです。 今は健常児の方がよっぽど大変な時代。何が幸せなのかはわからないのです。 先日主人と『ゆうきはどこからきたのかなぁ』と言いつつ...。やっぱり,神様から授かったんだと私は思っています。今度の美術館出展にしても,この子じゃないと出来なかった。この子に私たちは夢を見せてもらいます。 大変だけど人が思っているほど不幸ではないのです。本当に『不幸』な人はそういった事をとやかく言う健常者なのです。 私は声を大にして言いたい『障害児の親は結構イイよ。』と。 。

(2133)たけちゃんママ (2002年8月30日 5時28分54秒)
がらがらどんさんへ 私は、みなさんと少し違う意見です。お兄さん夫婦に、保健センターなどに相談に行くことを促すことは、どんなに配慮を持って言ったにしても、お義姉さんは傷つくと思います。それが、同じ年頃の子どもで、普通 に育ってきている子どもを持つあなたの口から出たものであったとしたら、なおさらです。  あとになって、あなたは、すごく力になってくれる義妹だと思いますが・・・。 2歳半なら、あと半年もすれば3歳児検診があります。なにか問題があれば、そこで、ひっかかって、相談しなければならなくなるでしょう。早期療育も大切だけど、母親の気持ちを私は大切にしてほしい。  もちろん、あなたに、お義姉さんのほうから、具体的な相談があれば、助言すればいいと思いますが、そういう関係でなければ、そっと見守っていたほうがいいと思います。  私がこう言うのは、似たような経験があるからです。 アパートの隣りに住んでいたひとつ下の友達でした。彼女には、たけちゃんより一つ下の男の子がいました。たけちゃんのことをとてもかわいがってくれていましたが、たけちゃんの発達をとても心配していたらしく、あるとき、私に「目が合わないねー」と言ったことがありました。  あとで、彼女の親友で、ADHDの男の子を持つ人に聞いたのですが、彼女はすごく心配していて、いつ言おう、どんな風に言おうと悩んでいたそうです。その親友を通 して私よりも障害のことを知っていたからでしょう。そのころ、私は、近所の子に比べて、なんて手のかかる子なのだろうと悩んでいました。でも、脳に障害があって・・・なんて、思ってもいませんでした。となりの子は、利発で、言葉も早くて、どうして・・・・?そんな風に悩んでいたのです。そんなときに、「目が合わないねー」なんて言われて、すごく悲しくて、つらくて、彼女を憎みました。彼女なりに気遣って、間接的に私に気づいてほしかったための一言だったと思います。でも、そんな気遣いは、私には届かないし、今だって、こんなにはっきり覚えているほどトラウマになっているし、いいことなしです。  とてもいい人でしたが、それ以来、関わりたくなくなってしまいました。私個人の意見ですが、一生付き合っていかなくてはならないお義姉さんでしょう?あなたから助言されて、感謝よりも憎悪が大きくなる可能性があるのなら、やめたほうがいいと思うのです。逆の立場だったら、感謝しますか?心配してくれて、早く気づいて助言してくれてありがとうって・・・・。何か障害があるのではないか・・・という兆しの一言は、十分に考慮したうえで、母親に提示すべきだと思います。今後、主に育てていかなければならないのは、母親です。そして、母親の心の健康が、子どもの子育てに大きく影響します。  やきもきする日々でしょうが、がらがらどんさんは、見守って、何か相談されたり、話があったときに、助言されればいいと思うのです。お義姉さんの気持ちを大切にしてあげてほしいです。でも、あくまでも私個人の意見ですので、ご了承くださいね!

(2132) がらがらどん(2002年8月28日 12時48分25秒)
みあちゃんママさん、とうたんさん、アドバイスありがとうございました。 わたしは今北海道に住んでいて、兄家族は首都圏に住んでいます。距離的なことや、 わたしの出産があって姪っ子ちゃんに会ったのは、約1年ぶりでした。電話で 「言葉が遅くて・・・」とか、「落ち着きがなくて・・・」とか聞いていましたが 「まあ、子供なんて、いろいろだから。」と、わたしも返事をしていました。 でも実際に会ってみると、ちょっともしかすると・・・と、思ってわたしなりに 悩んでいました。でもお二人のご意見を聞いて、少し、漠然としていた頭の中が整理でき てきたような気がします。まず私自身も自閉症などに関する本をちゃんと読んでこの 障害についてもっとよく知りたいと思います。そして同時にもう少し頻繁に兄や義姉に 連絡をとって、様子を聞いたりしながら切り出す時期を見たいと思います。まず信頼関係がちゃんとないと(今でも「ない」とは思っていませんが)思わぬ 誤解を生むかもしれないという不安もあるので。あまり不安になりすぎずにまずは保健所に相談に行けるように うまく促せたら・・・と思います。どう思われますか?


ホーム 掲示板に行くバックナンバーに行く
Copyright(c) 2001 yoshino tuyoshi
ご意見ご感想は ty1022@stagweb.com まで