バックナンバー NO.2088〜2109
掲示板に掲載されたコメントです。

ホーム 掲示板に行くバックナンバーに行く


(2109)祐機ママ (2002年8月8日 9時16分16秒)
おはようございます!今日も暑いですね。 ご質問にお答えしまして〜。うちのお宝祐機は年中あたりから紙をやぶることに夢中でした。うちは隙間等には入れたりはしなかったのですが,そりゃぁ,もう,家中紙だらけ。(それは今もですが...)。最初は,もうやめてくれれば〜と願っていたものの,やぶく事に快感を見つけた息子をとめるすべもなく,もう,後は野放し状態。あんまり言うとこっちも疲れるので,そのまま。その間は私も仕事を持っているので,仕事をし,後で『ゆうき〜,片づけようよ〜』といいつつ,片づけるのは私だけ。ゴミ袋2袋分は当然の事。今はそれが当たり前の事になってますよ〜。 年中くらいからはさみを握った息子。これまた水を得た魚のように紙くずは倍になり...。私の労力も当然比例。でもそのゴミだった紙がどうして作品になったのか。 それは,学校の先生でした。担任の先生が(不思議な形〜)と,画用紙に貼って見せてくれたのです。それは,私にとって,晴天の霹靂。起爆剤となったのは言うまでもなく,それ以来,お宝祐機の切り崩しの後を宝探しのように見て回り,不思議な形のものを額に入れていったのです。あの瞬間,『どうして』だったものが『せっかく』に変わりました。 そう,『せっかく自閉症に生まれたんだから』と。 今では,家族全員(うちは主人の両親も一緒です)が祐機の紙切りの事を『仕事』と言い,『朝からがんばっとるね〜』と祐機に声をかける日々。(なんといっても朝から晩まではさみと友達ですから)。 あの子たちは親を選んで生まれると言う。私はお宝息子に『よくぞ見る目があった』と言う。そう言いつつ,自分にもエールを送っているように思う。

(2108) かっぱちゃん (2002年8月7日 18時30分25秒)
祐機ママさんへ うちの現在年長の息子君、紙ちぎりとその紙を隙間に入れるという行為に没頭しています。絵本など最近は最初から破りにいってる始末です。隙間に入れるのも電化製品のかすかな隙間に入れたりしてちょっと危険なこともあります。そして当然紙くずはいたるところに散らばっている上体です。ところで祐機ママさん、息子さんは紙きりした後それをどうされたんですか?息子さんが紙に貼っていったりしたのですか?それともママさんが? 作品として認められるなんてすばらしいことです。私はいま、息子の紙ちぎりをやめさせたいと願っているんですがこのお話を聞いてちょっと仲間がいたようでうれしかったのです。よかったらお子さんとどう付き合ってるかとか教えてください。

(2107) チューリップ(2002年8月7日 17時41分4秒)
間違って書き込みボタン押しちゃった・・・・・。 ごめんなさい。 以前、書き込みしたんですが、作業療法士の資格を取る為に学校の試験勉強してまーす。 で、あちこちで活躍されている作業療法士さんたちに色々話を聞いたり見学させてもらったりして驚いたのは、私が会った方の半数が看護士の資格を取ってから作業療法士の資格を取っているって事。 看護士の資格を取ってない方も、近々取得したいと言っていた事。 病気などと訓練って考えてみれば密接なんですよね。 家の子達がお世話になった先生のアドバイスにより、私も看護士の資格を先に取得 する事にしました。 ちょうど地元にある看護専門学校が募集してるので、早速願書をもらってきました。 看護士も資格取得に年齢制限はないので、試験に合格して3年間勉強すると、卒業時に免許取得できるんです。 主人は「本気なら全面的に協力する。途中リタイアならそれまでの費用は働いて返せよ」と言ってます。 今更、この年でこんな事をやろうと思うなんて・・・と思ったりしますが、これが 私なんだと、がんばるつもりです。 今だからできると思っています。

(2106) チューリップ (2002年8月7日 17時16分0秒)
お久しぶりでーす。 7月13日に無事男の子を出産しました。 子供達は大喜びです。 オムツ交換、ミルクetc・・・何でもお世話したくて仕事のとりあいです。 おかげで兄弟賢か

(2105)裕ママ (2002年8月7日 16時6分13秒)
祐機ママさん!すごく明るい文章でいつか私もそんなふうに 裕のこと文章にできるのかなあ・・・って考えてしまいました。私には、もう少し時間が必要です。裕は9月で3歳。来年度の就園を決める時期が近づいてきました。年少から入れるべきか、年中まで様子をみるべきか・・・裕は現在、手帳をもっていません。でも、近々とるつもりです。絶対とれる子なのです。そうなると、保育園では可配の先生がつけてもらえます。うちの地域は幼稚園は無理そうなのです。保育園はどこでも、障害児を受け入れてもらえ、結構、いやな事はききません。でも、なやむなあ〜。裕には、集団の生活より、個別 指導の療育の方がいいんじゃないかな?と思うんですが、みなさんは、いつから幼稚園保育園に入れましたか?今通 っている施設は、就園すると、週3回から週1回にかわってしまって、時間も減ってしまうのです。悩みます。

(2104) 祐機ママ(2002年8月7日 11時0分35秒)
おっと....。先ほど書き忘れましたが,うちのお宝息子は重度の自閉症。まだ,な〜んにも言葉はでません。もちろん選ばれし者だけが行ける(普通 の人には行くことの出来ない)養護学校ですよ。

(2103)祐機ママ (2002年8月7日 10時54分53秒)
いやぁ〜。毎日,暑いですね。 このページにも久々に登場します。(かれこれ1年位 経つでしょうか...)その間,うちのお宝息子も小学校3年生になりました!いままで無欠席!これぞ母の努力のたまもの??いやいや本人が健康なのである。今日はかなりウレシイことがあり,ここにきました。うちのお宝息子は紙切りが大好き。自分の好きな形(周りには不可解)を次々に切っている。もう何年切っているであろうか...。毎日毎日,私はどれだけの紙屑を片づけてきたであろうか....。が,その結果 ,郵便局に展示させてもらったりウレシイこともあった。そして今回,今度出来る市の現代美術館から話がきたのです。夢かと思いましたよ〜。私には全く芸術という世界は皆無。でも,お宝息子の作品をみんなに見てもらえるなんてこれ以上ウレシイことはありません。1日何時間もはさみを握っている息子はさすが自閉症!健常者には真似できない!と思っている母です。自閉症という言葉も知的障害ということばもみんな健常者が銘々したもの。みんながんばろー!おー!

(2102) とうくんママ(2002年8月7日 8時59分28秒)
いろんなご意見、とてもありがたく拝見いたしました。  みなさんどうもありがとうございます 第三者の目から見ているわけで、あまりお節介になりすぎるのもどうかと考えていたところだったので、とても参考になりました。 お母さん二人の話を聞いている限りでのことなので何とも言えませんが、掲示板のご意見を参考にするならば、やっぱり園への働きかけ(相談する頻度など)の足りなさや、園の主任格の先生の意見がとても左右される原因になっている(担任の先生は新人の方だそうです。 ”こういう子供”を新人担任のクラスにするあたりからしてちょっとへんだとは思いませんか?)ことが気になります。 今度二人に会ったらもう少し園に話し合いの機会を持ってもらうことを勧めてみようと思います。 それでもっと、二人の子供にとっていい環境で望むことが出来たらいいと思います。 ありがとうございました!

(2101) bochame(2002年8月5日 21時31分13秒)
■ http://plaza.rakuten.co.jp/bochame
今年小学校の就学で悩んでいたときにこちらのHPに初めてお邪魔させていただき こちらの掲示板でも勉強させて頂きました。 その後もたびたびお邪魔していました。 とてもお母様の愛情が伝わり心が温かくなり本当に励みになりました。 私もいつかこんな素敵なHPが出来たらなぁと考えるようになりました。 ようは高機能自閉症です。亮君と一緒でとても絵を描くことが好きです。 今は何とか無理かもしれないと言われた普通 級で頑張っています。 その奮闘記と私の愚痴日記をHPにしてみました。 理想通 りこんな素敵にはとても作れませんが いろんな方と出会えて今では心の支えになっています。 そんな”支え”のきっかけを下さったこの亮君のHPに お礼を言わせていただきます。 ありがとうございました。 これからも来させていただきます。 よろしかったら遊びに来て下さいね。

(2100) うりちゃん(2002年8月4日 10時8分47秒)
うん、確かに幼稚園側に理解を求めるために色々と試みをするのには賛成です! ただ、私自身の話をすると、働いていたこともあって、保育園に去年まで預けていたんですが、「こういう子はちょっと困る」みたいな感じで、園長先生はあまり親身ではありませんでした。はっきり言って園長先生、もしくはそれに並ぶ主任格の先生自身の考えが園全体を支配していることが多いです。私の友達も保育園に預けていて、はっきり苦情を言われたことがあるそうです。(違う保育園です)一緒になって考えましょう、ではなく、もう預かることができません、という態度だったそうです。赤ちゃんの頃から預けてたくさん可愛がってもらったはずなのに。現場の先生たちは同情してくれたみたいですが、色々言ってみても無駄 、それよりもこんな考えのところには預けたくない、と私も含めてそう思いました。 私も友達もいま違う幼稚園に預けていますが、私の方は子供に対してとても理解のある園長先生にめぐり合い、いつもプラスの導き方をしてくださって、本当に転園してよかったと思っています。やはり園長先生の考え方がそうだと、現場の先生、用務の先生までも本当に心をこめて子供を見てくださるようになるようです。 とうくんママのお友達も、たけちゃんママのところのように色々と試行錯誤でも 園で話し合いを持ってくるのもいいと思います。ただ、子供全体のことを親身になって考えてくれないような人も確かにいますので、そういうときはあまり固執せずにすっぱり切り替えたほうがいいかもと思います。

(2099)とーたん (2002年8月2日 18時13分20秒)
うん、たけちゃんままの助言に、同意です。 ひょっとしたら、以前、似た感じの子どもがいて、形式的にそう決めてしまったのかも。 障害、自閉症といっても,一人れ一人違っていて、いろんな状態があるのにね。一人一人違うんだ、ということを伝える工夫が必要かも。

(2098) たけちゃんママ(2002年8月2日 14時52分35秒)
私も、とうくんママのお友達の子が通う園は、良くないと思います。 うちの子も、幼稚園に週一回、通っています。ちゃんと入園したのは、4月からですが、去年の11月から、母子通 園をお願いしたりして、先生との共通理解をはかりながらの試みでした。一概に、この園は良い、悪い!と決められないところはありますが、まず、障害児を邪魔者扱いしないところが、最低条件だと思います。まだまだ、排除する園はありますよね。それから、この園は、自閉症児を受け入れている、なんていう評判だけを信用しないことです。親によって、とらえかたが違ったりするので、自分の目で確かめ、園長や先生方とよく話し合う必要があります。  ちなみに、私の選んだ園は、あまり評判のよくない園でした。園舎だけは立派だけど・・・なんていう話でした。しかし、園長先生は、障害児のことはよくわからない方だったけれど、いっしょに育てることが良いという考えでした。現場の先生方は、これから勉強しましょうというお考えで、親の介入を受け入れてくださいました。私も、こどものことをノート7ページ分に書いて持っていったり、本を持参したりして、理解を求めていきました。そのせいでしょうか。園の暖かい雰囲気が、良い方向に流れ、今、その園での障害児受け入れは、スムーズになってきています。私は、この経験から、親自身が、働きかけることが大切ということを学びました。 いろんな行事は、障害に関係なく参加できます。たまには、親同伴で・・ということも要請されますが、とても納得がいく場面 なので、負担に思いません。とうくんママさん、どうぞお友達に、こう言ってください。不満に思っていることは、隠さず園に言って、対応を考えてもらってください。園主導ではなく、親主導で、進めるよう、子どもへの対応の仕方をノートや手紙などに書いて理解を求めること。園の対応の悪さばかりを挙げて、不満を言うのではなく、私がこの園を障害児でも住みやすい幼稚園に育てていくんだ!という気持ちで、大きな心を持って、先生方に訴えていくこと。特に、担任の先生には、子どもの特徴をよくとらえてもらえるよう、親から教えていくことは多いと思います。  それでも、園の対応が変わらなければ、転園を考えたほうがいいかもしれません。しかし、どこに行っても本当にわかってくれるところは少ないです。あまり環境を変えないですむよう、よくよく検討してから園選びをすることをすすめます。それから、給食を食べてから、次の日から早く迎えにきてほしいというのは、食べ方にすごく問題があったのでしょうか?もし、そうなら、ひどい園!と憤慨する前に、自分の子の食事場面 にどんな問題があるか、よく考えてみる必要があります。つらいけど、良くなるいいチャンス!と、とらえて、先生と話し合いながら、親も給食に付き合いながら、食事の自立を先生とともに、促していくいいのにな・・・と思います。幼稚園は、はじめての社会の打ち寄せてくる波です。飲みこまれないよう、いろいろと対策を練っておく必要があるのです。大変だけど、応援してますと伝えてくださいね!  

(2097)うりちゃん (2002年8月2日 3時39分23秒)
すみません!E-Mailのアドレスが間違っていました〜! 申し訳ありません。

(2096)うりちゃん (2002年8月2日 3時30分26秒)
私も初めまして〜!6歳と1歳の男の子のママです。 うちも上の子がコトバと情緒の発達が未熟で、悪戦苦闘の毎日です。特に来年就学を控えているので、その問題で頭がいっぱいです。 うちの子はコトバが未熟なのはもちろんですが、精神的にもガラスのようにもろくて、間違いを極度に恐れます。だから一番の苦手は発達検査等を含めたテストなど なので、これから色々審査等行われるにあたり、彼の実力がどこまで発揮できるかが気になるところです。発達検査では平均して4歳くらいなのですが、問題によっては小学校高学年くらいにならないとわからないことも知ってたり解けたりして、判定が難しい子なのです。家族だけでいるとそうでもないけど、集団に中にいるととたんに緊張して問題行動が増えます。 今、ここでリンクを張っておられる白萩学園福岡スピーチクリニックにも通っています。 コトバがずいぶん増えました。ただ、不適切なコトバがまだ多くてまだまだ 修行中(^_^;)です。弟も連れて行くのでちょっと厳しいのですが、夏休みを フルに使ってがんばります。 とうくんママのお友達の幼稚園は、絶対転園した方がいいと思います。 良い教育者のいるところとは誰もが思えません。 何かあっても保護者の理解と支援を得ること・・・・そして子供と親がすべてをさらけだして安心でいられること・・・これが良い教育者のいる幼稚園だと思います。

(2095) とうくんママ(2002年8月1日 20時31分56秒)
初めまして!東京都内に住む主婦です。うちの長男が多動傾向のある子だったったので、区でやっている育児相談室にお世話になり、その時にたくさんの自閉傾向&多動傾向のある子供達のお母さんとお友達になりました。今はうちの息子は多少まだ多動だったりしますが、「元気のいい3歳児」並に落ち着いたので、3年保育の幼稚園で元気に過ごしています。その時にお友達になった二人の子供のことを聞いて欲しくてカキコします。4月から3年保育でその子二人は某私立幼稚園に通 い始めたんです。入園前に園の先生と面談をして、入園の許可をもらっての入園でした。もちろん始めから他の子達となんでも一緒に出来るとはお母さん達も思っては居なかったんですが、園の前評判では「自閉児も受け入れた経験がある」「のびのびとした少人数保育」など、いい話を聞いていたにもかかわらず、いざ通 い始めてみるとあらゆる行事に参加させてもらえないそうなんです。遠足もダメ(親が同伴ではないため大根掘りもみんなと一緒はダメ(順番が守れないため。 後日その子達だけでやったそうです。)参観日も「お休みしてください」給食も初日一緒に食べたら「次の日からは給食が始まる時間前にお迎えに来てください」・・・・。 園の方針なのかもしれませんが、いくらなんでもひどくないですか?二人の内一人は病院で「自閉と多動の両方の傾向を持っています」と診断されています。でももう一人は私が見る限りでは多動の傾向はありますが、そんなに酷い感じじゃないんです。その子達のお母さんの話を聞くたびにとても残念でイヤな気持ちになります。親が同伴したり、個別 に対応してくれたりしてくださることでもっといい方向へ持っていくことが出来るのでは、と思うんですが、この調子で2学期も変わらないようなら転園も考えた方がいいのではと思うのです。みなさんはどう思いますか?ぜひご意見を聞かせてください!

(2094) ゆっちぇ(2002年7月31日 22時5分20秒)
はじめまして。ゆっちぇは男の子で現在2歳7ヶ月です。自閉症について詳しく教えていただきたいのですが、、、。

(2093) たけちゃんママ(2002年7月31日 2時3分19秒)
うわ〜ん!お財布をなくしてしまいました。この夏、最大の失点かも・・・。 昨日のお昼に使って、それから今日のお昼まで気づかなかったのです。忘れたのか、盗まれたのかわからないけど、主人とコンビニに行ったとき、車にバッグを置いていた空白の3分間があったことは確か・・・。この夜中に、カード会社に電話して、カードの使用を止めてもらいました。使いこまれた形跡はないようで、ちょっと一安心です。ただ、運転免許証、各種ポイントカードをまた、一から作りなおさなくてはならないので、大変だ〜!!主人には、自己管理が甘い!と怒られるし、うわ〜ん!(最初に戻る・・ナンテネ!)

(2092) ちあき(2002年7月30日 0時23分17秒)
夏休みですね・・・まだ一週間しか経ってないのに、すでにへとへとの母です。うちの長男(小2、特殊学級在籍)は、毎日学校のプール解放へせっせと通 い、真っ黒。付き添っている私も真っ黒。しかし、お蔭で夜は、早く寝てくれます。っつても10時だけど。 あとは、今通っている療育期間の指導で、「1日1時間歩きましょう」と言われているので、歩いてます・・・暑いです・・・それから学習と、トレーニングです。 息子の訓練の合間に、下の娘の世話と家事をしているといっても過言ではありません。 さっきまで、布団に入ってたのですが、ふと「今、私が倒れちゃったりしたら、K(息子)やM(娘)はどうなっちゃうんだろ?」と思ったら眠れなくなっちゃいました。とほほ。 しかしこれは寝たほうがいいよなあ。

(2091) へいすけママ(2002年7月29日 19時15分29秒)
暑いですねぇ・・・異常な暑さですが皆さん元気にしていますか? 小学生となりこれまで保育園んにいたへいすけは初めての夏休みを迎えています。 私が仕事をしているのでへいすけは留守家庭子供会に通わせていますが、クーラーもないプレハブ小屋な上に遊べるスペースがとても狭いので通 ってもストレスばかりためて帰ってきています。留守家庭の先生は意外と厳しい方なので、注意されてばっかりのようですが、我が家の事情だけでなくこれから続く障害児の留守家庭参加のためにも(私の住んでいる区では障害児で留守家庭にいっている子供は二人しかいないのです)頑張って通 い続けたいと思っている今日この頃です。 しかし疲れがたまってはいけないので、二時までで帰らせています。  家にいても何をするわけでもなくファービー人形を見てすごしているだけで、これでいいのかと焦ったりもしています。  みなさんの子供さんはどうして過ごしていますか?

(2090) 舞 (2002年7月25日 11時5分15秒)
大学で医療関係の勉強をしてます。 大変参考になりました。

(2089)夢追う羊 (2002年7月21日 16時7分13秒)
【ご協力頂いてありがとうございました】(2)  皆様のお陰様で、【作品市場】にあって、登録作品800件(過去形も含め、わたし自身・過去形となりましてが)以上あり、その中で、アクセス・閲覧数は断然トップ、最初に立てた目標の1万には遥か及びませんでしたが、公開最終日の7月20日の集計では1593件。 二位の方の787件のほぼ倍もあり、作品評価では、わたしは二位で、2万790点、一位 の方の2万4430点には遥かに及びませんでしたが、3位の方の1万7500点よりは3000点も多かったのです。そして、この3位 の方は、第一回の出版の実現をなさった方で、今、全国書店にて好評発売中だそうです。 今からでも遅くはありません。是非、出版して頂けるように、 → http://www.sakuhin-ichiba.com/  にアクセス。一言のご支援ご協力お願いします。 そして、社会的弱い立場の人もまた、差別と排斥のない、平等で、希望の持てる未来の生活をかちとろうではありませんか。 なおいっそうのご協力のことよろしくお願い致します。たびたび、ぶしつけな、無礼の数々お許しください。

(2088) 夢追う羊(2002年7月21日 16時4分34秒)
■ http://www.web-sanin.co.jp/jiyurenai/ 【ご協力頂いてありがとうございました】(1) ホームページ【作品市場】において、わたしの作品【めいふぁ(美 花)】が、登録公開されて来ましたが、インターネットでの公開が7月20日で終わりました。沢山の方のアクセス・閲覧のご協力を頂き、誠にありがとうございました。  作品が【作品市場】のホームページに登録され、ネットでの公開をされることになりましたとき、(これは、わたしの人生最大のチャンス)と位 置付け、批判・中傷は覚悟の上で、掲示板のあるホームページを探しては、掲示板をお借りし、アクセス・閲覧のことをお願いして歩きました。  わたしとしては、(なんとしても出版してもらい、日本中の人たちに読んでもらい、既存の結婚制度についての問題意識を持ってほしかったのです。一夫一婦の結婚制度は本当に正しいのか、正しいとするのであれば、その制度から来る、社会的弱い人たちが受けなければならない差別 と排斥。 いわゆる、一夫一婦の結婚制度は弱い立場の人たちの犠牲の上にあるのであるから、これらの人たちに対する救済と、平等の保障、希望の持てる生き方を提言するべきではないか。作品の内容はそのようなものだからです)  もちろん、出版して下さるかどうかは、作品の内容が第一であろうことは当然ですが、それにしても、アクセス・閲覧者が予想外に、途方もなく多ければ、これもまた、出版のための一つの好条件に繋がるだろうと思ったからです。  わたし自身、下半身不能麻痺で車いす暮らし、上さんもまた今は車いすとなりました。 それに、週に4日(1回2時間)ヘルパーさんのお手伝いを頂いています。  そのような中で、わたしに出来る宣伝活動に努めました。皆さんの掲示板へのアクセス・閲覧のお願いもその一つですが、そればかりではありません。わたし自身、手放しでは座ることも出来ない体ですが、幸にも、神様は両の手の自由を残して下さいました。   それで、手動操作の車に乗れますので、宣伝用チラシを6500枚作りました。島根県の東部、30の市町村を回り、役所(職組)・社協・図書館などにチラシを預け、作品へのアクセス・閲覧のお願いをして歩き、 また、市内や近郊では、病院(日赤・市立病院・生共病院・国立病院などの事務関係)著名な会社(松下電器・くろねこ大和など数社)。大学や女子短大、専門学校など、パソコンに関係ありそうな事務所を訪れては、チラシの配布、アクセス・閲覧の依頼をして歩き、路傍配布もまたやって来ました。すべて、孤軍奮闘と言ったところです。


ホーム 掲示板に行くバックナンバーに行く
Copyright(c) 2001 yoshino tuyoshi
ご意見ご感想は ty1022@stagweb.com まで