バックナンバー NO.2022〜2043
掲示板に掲載されたコメントです。

ホーム 掲示板に行くバックナンバーに行く


(2043)へいすけママ (2002年 6月 12日 水曜日 3:01 AM)
チューリップさん アドバイスありがとうございます。 確かに45分と言う時間に関わらず、長い時間座っていられることはこれからの人生において大切だと思っています。だけどその時間行われている内容がわからなかったり、全く興味がないことだったりすると苦しいことですよね。大人だってそうだもん。チューリップさんのコメントの中にあった「席を立つまもなく次の本人の出来る課題を出す」というのはいいですね。唯一つの教科の中で今のへいすけにとって興味を示す課題が複数あればいいんだけど・・・と言った感じです。国語はまだ絵カードを見てその名前を言う程度のことしか出来ないし、鉛筆を持つのが嫌いのようですし、いろいろ工夫してみるしかないですね。 またへいすけの学校では一日一時間だけ頑張るのではなく、その日きちんと座って受ける授業の数だけしっかり座らされているようなので、へいすけがパニックらしき行動を起こしたらその日は中止してもらうよう言ってみたいと思います。 でもへいすけの担任は親が学校のやり方に口を出すのを嫌がる人で、これまでもいろいろトラぶっているので言いにくいんですよね・・・

(2042) チューリップ(2002年 6月 9日 日曜日 7:01 PM)
へいすけママさん 普通クラスとの交流では、座っている事がある程度必要だと思うよ。 ただ座ってるだけじゃなくて、先生の話を聞くとか、周囲の子供達の様子を見るとか、動いてほかの事をやってたら難しいでしょ。 45分座れる=その間集中、でないと1つ終わったから後自由だと交流が少なくなっちゃう。 先生に集中してやる時間を延ばしたほうがいいって説明してみたら? 集中できる課題をいくつか用意して、1つ終わったら次って課題をやらせる。課題と課題の間によそ事をさせない。席を立たせない。で、最終的に45分間座ってられたら思いっきり褒める。 家の次男が訓練のときやってた方法。でも、子供にとってはすごく辛いし負担になるから1日1時間だけしかできない。ただ、これでストレスがたまって子供が怒ったり泣いたりパニクったりしたら即やめる。 普通の子って、45分間色々工夫しながら席に座ってるの。脳の中のことで説明しにくいんだけど、トイレトレといっしょで脳の状態がO・kになればできるようになるそうなので、これで怒ったりしちゃうのは、まだ準備できてないから、つづけても意味なし、です。言語理解とか色々な事とも密接に関係してるので・・・。 1つの発達の目安にはなるかな・・? 訓練の先生は自宅ではやっちゃだめって言ってました。学校とか訓練とか子供が 特別な場所って思ってる所でやってください。 自宅でやるとヘタしたら親子関係が崩れちゃうから。

(2041) kenko(2002年 6月 9日 日曜日 11:38 AM)
ご存知ですか?カスピ海ヨーグルトの効用! 乳酸菌を増やし腸内細菌を抑える整腸作用があります 体内の発癌物質(吸着率94%)やChoを抑える効果があります(共益リノール酸と言う成分が大量 にあります)すなわち 肥満予防 顔の老化防止(25歳位は若くなります) 免疫力向上(癌予防) 腸の老化防止 歯周病 糖尿病の予防 それに 松葉の粉末を5g&桑の葉の粉末を5g入れて食せば最高なデザートとなります ※20数年前京都大学家森教授が日本に持ち込まれてから全国的に無料で静かにドンドン普及してます ※TV雑誌にも 頻繁に取り上げられるようになりました  

(2040) へいすけママ(2002年 6月 7日 金曜日 6:40 AM)
おひさしぶりです。皆さん暑さにばてていませんか? 四月は教室を飛び出したりで落ち着かなかったへいすけも今ではすっかり落ち着いています。が、これまで普通 学級しかもったことのないうちの担任は自閉症で発語もまだなく知的面でもかなり遅れのあるへいすけに45分間、つまり授業中ずっと座れるよう頑張ることに目覚めてしまっています。おかげで席から離れては注意され、座ったはいいけど長続きすることなく再び席を離れ注意され、ぐずりながらもその先生が怖いようで再び席に座りを繰り返しています。去年は一つの課題を集中してこなしたらその後はそれぞれの好きな遊びや作業をしていたのでその様子を見て安心して入学したのに・・・ 校長先生がその先生に注意しても全く聞く耳持たずで自分のやり方を通されるのですが、いずれへいすけに悪影響が出るのでは・・・と気が気でありません。 そんなに45分間座っていることは大切だと思いますか? アドバイス・経験談など教えてください。  

(2039) ガリ(2002年 6月 3日 月曜日 10:36 PM)
大阪の前田医院について教えて下さい。2歳9ヶ月の娘がいるのですが、自閉傾向があるといわれ、療育センターに通 っています。出来ることは何でもしたいので是非お願いします。

(2038) ちあき(2002年 5月 28日 火曜日 6:56 AM)
あらっ前のページと間違えてカキコしちゃいました いまいちズレてましたね。内容が。ついアツくなってたようです。とーたんさんが同じようなアドバイスしてましたね、(もっとソフトに。)みんな大人だなあ。私はまだまだ修行が足りません。すぐ熱くなる・・・ うちの息子も、今日遠足で千葉の清水公園というところに行って来ましたが、池にはまり、それを助けた先生も下半身ずぶぬ れだったそうです。申し訳ない!でも、ありがたいですね。息子も遠足楽しかったようですよ。

(2037)ちあき (2002年 5月 28日 火曜日 6:25 AM)
どてかぼちゃんさま、そんっなに、つらいのなら、お子さん、施設に預けたらいかがですか?施設で生活している子も、結構いますよ。 そういう選択肢も、あると思うんです。シビアな話ですが。最終的には、自分の人生だし。 親と子、お互いのために・・・ キツイ言い方かな?

(2036) チューリップ(2002年 5月 27日 月曜日 0:10 AM)
今日は月曜日で、学校は朝会があるのですが、登校がちょっと遅くなってしまい、 みんなグランドに出ていました。 次男の親クラスの仲良し君が大きな声で「おはよー」と言ってくれました、が、 声を聞いたとたんその子の方へ駆け出したんです。 でも、ランドセルとか給食当番袋とか、登校の途中なので止めたんです。 そしたらもう、大泣き。結局先生3人がかりで教室まで行きました。 親クラスの友達が大好きで興味も関心もいっぱい出てきたのは良いんですが、 それしか見えなくなるのが困りものです。 特殊から親クラスに行く時も手ぶらで行っちゃうし・・・。 先生が用意を持ってついていってるようです。 去年(1年生)は、もう一人の子が集団が全然だめで家の子だけ行かせる事もできず 交流がすごく少しだったのが、今年は転校していないのでもうめいっぱい行ってるようで、仲良し君や仲良しちゃんがいっぱいできて、本人はすごく喜んでいるんですが・・・。 お願いだから、やる事を忘れないで・・・です。

(2035) しんママ(2002年 5月 25日 土曜日 3:04 PM)
チューリップさん、ご懐妊中なんですね。もうすぐ臨月、お体に気を付けて丈夫な赤ちゃんを産んで下さいね。 失礼かもしれませんが、チューリップさんは、以前お子さんを2人亡くされたと聞きました。今お子さんが3人で、7月にご出産・・・。すごい、既に妊娠を6回も体験されたのですね!!恐縮します。もう一人子供を計画中なのですが、主人にストップを掛けられてしまいました。障害があってもいいので、もう一人欲しいんですけどね・・・。

(2034)みょう(2002年 5月 23日 木曜日 5:18 AM)
娘は今日、遠足に行きました。 がっっ!!先日、私の右目の角膜に傷が出来てしまって不自由な生活を送っている為、お弁当が作れる状態ではありませんでした。 代りに、特殊の先生が作って下さいましたー。 有難いことです・・・。 娘も楽しい時間を過ごせたようです。 今日の遠足で更に交流を深めたのか、いつも一緒に帰ってくれる同じ組(交流学級)の子達が家まで連れ帰ってくれて「まなちゃんと一緒に遊んでもいい?」と言ってくれました。 健常児さんとこんなふうに遊べる日が来るなんて・・・!!と思いました(T^T) 2時間くらい楽しく遊んだようです。 娘の成長を目の当たりにした一日でありました。

(2033)へいすけママ (2002年 5月 22日 水曜日 4:54 AM)
うちにもへいすけの一つ下の女の子(健常児)がいますがまぁ生意気だし、2〜3才の頃はピークで気に入らないことがあれば一時間ぐらい泣き喚く凄まじさでした。へいすけは自閉症ですが小さい頃からパニックは時々しかなくこだわりが少ないのですが、下の子はこだわりが強く「逆ジャン」とよく思ったものです。 つまり子育ては障害児だろうが健常児だろうがたいへんなのです。そのこが大人の言葉がわかり、人の気持ちがわかるようになるまではどの家も大変なのではないでしょうか?でも自分の思い・考えがあってそれを人に伝えたい・わかってほしいと思うことは大人でも子供でも同じなんですよね。ところで以前から時々思っていたのですが、私たちには障害児を育てるほかにも役割があるとおもいませんか? へいすけは頑張ってもそれなりにしか成長できないかもしれないし私もいつまでもへいすけにくっついて守ってやれるわけではない 誰でも年齢が増えるに従い親から離れ自分の世界・生活を持っていくそのとき必要なのはやはり理解があり助けてくれる世の中なのではないか?と思うのです。そしてその世の中を作ってやらなければ今のままで果 たして生きていけるのか? 今の段階で私たち親が十人の親に理解と協力を求め助け方を解っていただくその親が自分の子供にも教えて行ってくれる するとねずみ算式に他理解してくれる人が増えていくんじゃないかと甘い考えを持っています。障害者をかわいそうな人とか精神異常者と間違われたままでは決して平等にはなれない気がします。障害という病気があってみんなを困らせたりするけど本人も困っていること、みんなと同じように傷ついたり喜んだり泣いたり笑ったりするただの人だと心からみんなにわかってほしいといつも願っています。こんな風に思っているのは私だけでしょうか?!

(2032) チューリップ(2002年 5月 22日 水曜日 0:19 AM)
家は上二人の障害児よりも下の長女に手を焼いています。 3歳で反抗期真っ只中。おまけにやってはいけない事を注意されても聞かないし、やった事を人のせいにして知らん顔するし・・・。 周囲は「こんなもんだよ。普通の子は」と言いますが、「冷静に、冷静に・・・」 と思っても本気で怒ってしまいます。 上の子達にはこんなしっかりとした反抗期はなかったので、正直こっちの方が大変です。 くっついていった訓練の先生は「上の子達の覚えてほしくない事ばかり覚えるからきつめの反抗期になってるけど、成長すれば、違いがわかってくるから大丈夫」 と言われましたが、反抗期って辛いですね。 7月に出産で実家に預かってもらう予定なんですが心配です・・・。

(2031)aoiのママ (2002年 5月 21日 火曜日 3:12 PM)
cdf30840@par.odn.ne.jp
久しぶりの書き込みです。 うちの子は、今年小4の女の子です。 みなさんの正直で辛い書き込みをみて涙がでました。 うちは、多動ではありませんがとなりのクラス(情緒障害児クラス) の子達は、多動の子が多くうちの子が入学した時は大変そうでした。 ずっと、教室の前に先生一人が立って見張ってないとどこにでも行ってしまう 子が5〜6人いました。 でも、その子たちも今5年生でもう先生の見張りがなくても昼休みも大丈夫 になったようです。 いろんな行事をみてもすごく落ち着いたのが見てわかります。 みんな成長します。ゆっくりでも、ちゃんと成長します。 うちも4年になって親がのんびりと出来るようになりました。 まだ、小さいお子さんをお持ちのみなさん頑張ってください。 こんなことが出来るようになるなんて、、、と感動する日がきます。

(2030)ひろはは (2002年 5月 20日 月曜日 7:45 PM)
こんにちは、ひろははです。お兄ちゃんの自転車についてとトイレトレーニングのこと、アドバイスありがとうございました。遅くなりました・・・。自転車はもうしばらく様子みてからにします。トイレには大好きなあいうえお表貼ってみます。 ところで私も今すごいストレスがたまっているようで、子どもの前でもボロボロと涙がこぼれてしまい困ってます。いろんなことで焦ったり不安になったり寂しくなったり・・。下の双子達はもう色々分かってきて「泣かないで!ごめんなさいは?」といわれます。こんなに暗い母では絶対子どもに良くないとは思いつつ泣いてばかりです。 全然優しい言葉もかけてやれず「忙しい、あっちで遊んで!!」と・・・自己嫌悪・・。 裕ママさん、家も主人が週末しか帰ってこれないのですが、土日に病院だ、買い出しだ、子どもと遊んでーと職場以上にはたらかせてしまってますよ。 ホントにたまーに「床屋さん(実はパチンコ)にいってきたら?」と言うのがやっとです。あー愚痴を言わせていただきました。

(2029) チューリップ(2002年 5月 20日 月曜日 5:17 PM)
成人でも成長(?)すると思いますよ。 私の従兄弟は今28歳ですが、出産のとき脳に傷がついてしまったので重度の障害者です。養護学校は高等部までいて、覚えたのは、トイレと衣服の着脱だけです。 女の子なので毎月あるのですが、自分でできません。 言葉もありません。 学校で作業的な事はいっさい教わっていません。 でも、今授産所で普通のミシンを使って手提げ袋なんかを作っています。 授産所の職員さんやボランティアの人達が少しずつ根気よく教えてくれたからです。 今のミシンは速度が無段回で変えられるので、一番遅いスピードから始めたそうです。 手縫いもできるようになりましたよ。 学校では、授産所へ入っても何もできないよ、と言われ、授産所も、当時重度の子は受け入れてなかったので不安もあったようですが、今は彼女が良い前例となったようです。

(2028)とーたん (2002年 5月 20日 月曜日 10:33 AM)
すんません。 ああ、児童の場合、不思議なことに、否そうではなく、当然のことに、ゆっくりだけれど、進歩していくのが楽しいということでした。これは経験にもあっている。 小頭症の方と初めてじっくり会いました。なぜか攻撃されず、何度も同じ会話を繰り返して、親しくもなりました。率直言って、最初は怖かった。んで、決まったコンビニだけれど、行けるようになったのです。付き添いはまさに付き添いだけ。

(2027) とーたん(2002年 5月 20日 月曜日 10:25 AM)
先日、重度知的障害者の施設で、1泊2日の実習をしてきました。 私は成人班に入りましたが、児童班には、4歳から28歳ほどまで居て、まさに児童という場合、悲しいけれど、親が虐待して離されたりして、児相からとのことでした。月に一度の面 会にもこないとか、また来られては困るとされる親とか。 一方で、成人班の私。既に親が老齢か兄弟のみがいるとかの場合のようです。3年前も5年後も多分ほとんど同じ利用者とのこと。「成長」とかをもうほとんど望めない成人。 兄弟が週に1回着たりもする。 んで、それぞれが、それぞれの生活をし、職員の人がそれぞの特質に応じて、それぞれに対応していること、感動しました。 十数人の日々の生活のこだわりを尊重しながら、生活している。ーここからここまで誰の仕事、誰々はまず何をしてこれやってこれ、とか、んだ昔からしているティーチ手法のように一部の人は写 真でそれなりに会話をしたりして。ーああ、こんな世界もあるのだなあ、それぞれが幸せかもしれない。 と、プップップップっと、唾を吐かれてキャッキャキャキャ言いながら、繰り返しの音楽を聴きながら、奇声を聞きながら、感じました。 施設では、危ないと思った親御さんらに、子どもに1ヶ月とかだけ入ってもらうショートステイなど、もっと知って欲しいと言っていました。地域にもよると思いますが、直接施設に問うたり、心理的に危ないときは泣きついた方が、実は早いかも。

(2026)みあちゃんママ (2002年 5月 20日 月曜日 7:55 AM)
裕ママさん、私も同じでした。その頃の私もすごくあせっていました。 周りの子はどんどんおしゃべりが上手になって何でも出来ているのに、なんでうちの子は出来ないの?でもおしゃべりぐらいは出来るようになるでしょう?って思ってました。障害もその時は受け入れていなかったです。いつか変わる、突然話始めるんじゃないかって。 療育保育所に母子登園するようになってから、随分気持ちが楽になりました。苦しんでいるのは私だけではない、そう思えるようになると障害も受け入れることが出来ました。それと時間が経って不安があきらめ(どうがんばっても健常児にはなれない)に変わったのかもしれません。 ご主人とあなたの二人のお子さんなのですから、辛いときに気持ち話して手伝ってもらう事がいけないことでしょうか?疲れているのはあなたも同じです。 二人でお話してみたらいかがですか。 まとまりがなく読みずらくてすみません。。。」

(2025) 裕ママ(2002年 5月 20日 月曜日 6:39 AM)
私も、チューリップさんの言う通りだと思います。だけど、絶望したり、不安になったり・・・。療育センターの先生に、裕の1年先、2年先なんて誰にもわからない、と言われたことがあります。自分でもわかってはいるんです。でも、3歳の誕生日が目前にせまって、話せない子が、この先どうなっていくのか不安でたまりません。下に弟もいるし、私の疲れとストレスはピークに来ているのかもしれません。主人も仕事から帰るのは遅いし、土日くらいゆっくり休みたいだろうけど、それも出来ず、私も頼ってしまって。主人にも申し訳ない気持ちでいっぱいになります。なんか、変な文章になってしまいました。m(__)m

(2024) リーフさん(2002年 5月 19日 日曜日 10:12 PM)
何度も何度も読んで、理解するよう努めたのですが、やはり一向に分かりません。 こんなに無知な私に、もう一度だけチャンスを下さい。 出来るだけ分かりやすく、説明して頂けると嬉しいです。 宜しくお願いいたします。

(2023)リーフ (2002年 5月 19日 日曜日 7:08 PM)
脳は常に答えの有る状態に安定しようとする。 これが前提に有るそうです。そうすると未来の事が解からないという不安の中で、 取りあえず固定した答えに落ち着こうとすれば、未来は破滅していくという案に、 脳としては「やっぱりそうか、この不安はそのせいか」と不幸な未来と不安に 安定する傾向がある。(どこで聞いた話かは忘れてしまいました。済みません) 以前、叔父が脳にメスを入れました。叔母の話では明らかに変化が有ったそうです。 自立している筈の人間が物理的な要素で変化する。(当然かもしれませんが・・・) 確立していると思っていた自分というものに不思議さとあやふやさを感じ、 又、自分の脳というものの存在に自分との距離を感じた経験でした。 私の生活も難しい状況に在りますが、脳が勝手に描き出した不幸な未来には、 負けないぞ、今は希望が見えなくても私を押し潰そうとする脳の反乱には だまされないぞ、不幸の中に死んでたまるかと自分を励ましています。 理解して頂ける方がいらっしゃればと思いましたが、意味不明と不快に思われた方には お詫び致します。

(2022) みあちゃんママ(2002年 5月 19日 日曜日 6:10 PM)
私もチューリップさんの意見に賛成です。 私も少しづつでも良くなるって信じているから、やって行けてるのだと思います。だから訓練や課題は自分なりに一生懸命していると思います。それをすることで私自身、気持ちが楽になります。少しでもがんばれば、その分良くなるはず・・・って思っていますから。 明日のことなんて分からないけど、 今日出来なかったことが明日出来るかもしれない。あんなに落ち着かなかった子が、うそのように落ち着いてくるかもしれない・・・ 今を乗り切ればまた状況が変わってきっと良い事あります。 子供は必ず成長します。希望を持ってください。


ホーム 掲示板に行くバックナンバーに行く
Copyright(c) 2001 yoshino tuyoshi
ご意見ご感想は ty1022@stagweb.com まで