バックナンバー NO.2000〜2021
掲示板に掲載されたコメントです。

ホーム 掲示板に行くバックナンバーに行く


(2021)チューリップ (2002年 5月 19日 日曜日 2:02 AM)
時々、新聞やニュースで障害者の家族が先行きに絶望して殺しちゃったり、一家心中とかってあるでしょ。 その気持ち部分的にはわかる気がするの。 親が自分でこの世に送り出したんだから、最後も自分で・・・って。 でも、先の事なんて、まして10年20年後の事なんて誰にもわからないよ。 家の子達の10年後なんて、わかっているのは長男が成人式を迎えるって事だけ。 後の細かい事は、その時その場にならないとわからないよ。 今の感情は「いないほうがいい」と思ってても、10年後は「いてよかった」と 思ってるかもしれないよ。 自分の中にある負の部分が見られる、わかるってのはこの子達のおかげだと思う。 知らずにいたら、いつか爆発したり、かぶっている猫が重くて脱ぎたいのに、脱げないってもがいてたりするかも・・・。 正の部分も負の部分も全部ひっくるめて自分なんだよ。 障害は負の部分、それが前面 に出ちゃってるから正の部分が見えないだけ。 本人も正の部分を出したいんだけど、負の部分が強いからコントロールできないだけ。 その技術を訓練なんかでできるようにしてるんだよ。 そうは考えられませんか?

(2020) どてかぼちゃん(かぼちゃん)(2002年 5月 18日 土曜日 11:48 PM)
ごめんなさい、以前に「かぼちゃん」ってハンドルを使われた方がいらっしゃいまし たね。注意される前に、訂正しておきます。下の「かぼちゃん」は、「どてかぼちゃん」 の間違いです。失礼いたしました!

(2019) かぼちゃん(2002年 5月 18日 土曜日 11:46 PM)
たけちゃんママさん、裕ママさん。分かります、その気持ち! うちの息子(3)も、多動が一番ひどい時期です。自閉には多動が付き物らしいですが。 もう最近は、あの子の変わりように母も手が届かなくなって来ている状態です。 事故も多く、救急にも3度連れて行きました。もう付いて行けません。疲れました。 最近では、あの子がいなくなったらあれが出来る、ずっと我慢我慢の上の子にもあれが してやれる、と考えたら、今自分が半分義務でやっている「事故を未然に防ぐため」の 気遣いも、とても意味なしに思えて来ます。「(自閉の)息子さんなしだったら辛いよ」 って言う友人もいるけど、最近ではどちらかと言うといない方が、いなくなってあの子の 事を泣きながら思い出す事の方がすごく幸せのような気がします。 チューリップさんが以前に書かれていた、お子さんが亡くなられた時のこと、ROMだけ していましたが、今の私には憧れの世界です。自閉の子供がいなくなってしまったのも辛いけど、あの子の将来を、今まで以上に犠牲となる私達夫婦の、そして上の子の将来を 考えることの方が辛いです。 本音を書きました。皆さん、どんなに思われますか?私のような気持ちを抱かれている 方は多いと思います。ご意見をお聞かせ下さい。 

(2018) 裕ママ(2002年 5月 18日 土曜日 6:10 AM)
久ぶりです。 今日、庭で、裕がパパと一緒だったんですが、目をほんの少し離したすきに、いなくなってしましました。初めてのことでした。わたし的には、目を離すと何処かに行ってしまう〜みたいなことは思っていたのですが、パパはその辺があまっかったようです。近所の人に見つけてもらい、良かったのですが、近所の人にも迷惑と心配をかけてしまいました。うちの子は、まだ、未就学児なので、近所の人は、おかしいと思っている人もいると思いますが、お話が遅い子ぐらいにしか思ってない人が多いのです。私も、どうしても、お話ができないとは言えても、「自閉症」の言葉をいうことが出来ません。そのうちには知られていくことだし、隠すつもりもないのですが、認めたくないというか・・・。 こんなことがあったので、この先、裕をしっかり育てていけるのだろうか、とか、裕さえ居なければ、とか、このままどんどん手に負えなくなってしまうのでは・・・とか、暗い気持ちになってしまいます。こういうことは、月日とともに、薄れていくものなのでしょうか?療育センターのお母さん方に聞くと、小学生くらいになると嘘のように、落ち着いてくるよ、と言われました。うちの子は例外なんじゃないかな〜とか、弟もまだ、小さいし、今ものすごくブルーです。  

(2017)たけちゃんママ (2002年 5月 18日 土曜日 4:49 AM)
すみませんが、たわごと言わせてください。 やっぱり、健常児のほうが、いいよぉ〜!!と思ってしまいました、今日。 家に帰ったとき、車から下ろした後に、走って道路に飛び出したのです。 丁度、白い車がスピードを上げて走ってきていました。もう、ぶつかる!!と思ったのに、なぜか体が動かないのです。私は、奇声を上げるだけでした。  結局、いっしょにいた、主人の父がかばう形で、車が止まり、大丈夫だったのですが、何度もそういうことに遭遇すると、精神的にすごく落ち込んでしまいます。 確実に成長はしているけれど、こんなに危険がわからない子なんだ・・・と。 仕事から帰ってきた主人に、「たけちゃん、絶対、交通事故で死んでしまう!交通 事故で死んでしまう!」と言うと、「何度も言うな!」と言われてしまいました。暗いカキコになって、ごめんなさい・・・。こんなこと、何度あるんだろう、と本当に落ち着かない毎日です。下の子と違って、全然安心感がない外での生活。今、部屋の中で、たけちゃんは、何事もなかったかのように、走り回っています。前に、テレビで、眠ると呼吸が止まる子どもの番組がありましたが、親御さんの緊張感や疲労は相当なものでした。あれほどではないかもしれないけど、多動で危険がわからない子の親は、外でいつも緊張しなくてはいけないですね。はぁ〜。  

(2016) たけちゃんママ(2002年 5月 18日 土曜日 4:49 AM)
すみませんが、たわごと言わせてください。 やっぱり、健常児のほうが、いいよぉ〜!!と思ってしまいました、今日。 家に帰ったとき、車から下ろした後に、走って道路に飛び出したのです。 丁度、白い車がスピードを上げて走ってきていました。もう、ぶつかる!!と思ったのに、なぜか体が動かないのです。私は、奇声を上げるだけでした。結局、いっしょにいた、主人の父がかばう形で、車が止まり、大丈夫だったのですが、何度もそういうことに遭遇すると、精神的にすごく落ち込んでしまいます。  確実に成長はしているけれど、こんなに危険がわからない子なんだ・・・と。 仕事から帰ってきた主人に、「たけちゃん、絶対、交通事故で死んでしまう!交通 事故で死んでしまう!」と言うと、「何度も言うな!」と言われてしまいました。  暗いカキコになって、ごめんなさい・・・。こんなこと、何度あるんだろう、と本当に落ち着かない毎日です。下の子と違って、全然安心感がない外での生活。今、部屋の中で、たけちゃんは、何事もなかったかのように、走り回っています。前に、テレビで、眠ると呼吸が止まる子どもの番組がありましたが、親御さんの緊張感や疲労は相当なものでした。あれほどではないかもしれないけど、多動で危険がわからない子の親は、外でいつも緊張しなくてはいけないですね。はぁ〜。

(2015)とーたん (2002年 5月 17日 金曜日 10:52 AM)
すんません。道路の怖さを知らないうちは、信号の意味を知らないうちは、 すなわち、いつも同じ道でもいいから手を離せて歩けないうちは 自転車は、あまりに怖い、と思います。んではっ。 

(2014) へいすけママ(2002年 5月 17日 金曜日 2:45 AM)
ひろははさんへいすけも年長になってどうにかトイレでおしっこをするようになり小1の今は誘導したら出来る程度ですなぜ出来るようになったかというとTOTOのロゴが好きになったためそのロゴを見ようと誘ってトイレの前に立たせその隙にズボンを下げて構えて促して言ったら出来るようになりましたその後は友達が行くのについて行かせ同じようにするようになりました今でも友達がしている横に立たせるとスムーズにしますこればかりは強制できないしその子に合った時期があるんでしょうね焦る気持ちよーーーくわかりますうちは大の方に今苦労していますが焦らず「ウンチはトイレでするんだったよね」とうるさいくらいに言って洗脳していってます頑張りましょうね。

(2013)チューリップ (2002年 5月 17日 金曜日 2:13 AM)
家は長男がやっと補助輪2つともとれて二輪になりましたよ。 親クラスの友達がスイスイ乗ってるので、4年かけて練習しました。 でも、皆が乗っている、サイクリングタイプじゃなくて、幼児用のですが。 乗る時は、お父さんが休みの日だけです。 単独では危ないので・・・。 友達の家に行く時は、私が送って行ったり、先方の親御さんが送迎してくれたり、 友達が自転車の二人乗りで行っています。 ヘルメットは必需品です。 誘ってくれるのはありがたいのですが、晩御飯を食べさせてもらったりしてくるときもあって、子供達だけで友達の家を転々として居場所がわからなかったりする時もあるので、それが困る時もあります。 気のある家の人だと、電話をかけてくれるのですが・・・。

(2012)ひろはは(2002年 5月 16日 木曜日 3:54 AM)
いつも読ませていただいてます。子どもの事故について色々お話がありましたが皆さんのお子さんは自転車に乗りますか?ぽかぽか気持ちのいい天気。家のお兄ちゃん(5月で五歳の自閉くん)にもそろそろ自転車を・・・。と思うのですが、まだまだ危険な事に対する意識が薄く動いているブランコにもどんどん寄っていったり、駐車場でも道路でもぎゅっと手をつながないと駆けだしていったりします。 2才下の弟たち二人も「自転車!自転車!!」とほしがっていて、お兄ちゃんだけ駄 目というわけにも行かないし・・・。すぐに上手くはならないだろうけど、皆さんどうされてますか? あとトイレトレーニング・・・。未だちっとも進まず・・・。パンツに大も小もだだ漏れになってます。何度目かのトライです。怒るまい怒るまいと念仏を唱えてます・・はー。

(2011)へいすけママ (2002年 5月 16日 木曜日 3:16 AM)
いろいろ参考になる話があり楽しく読んでいます 私は子供が年少のとき知的障害児通 園施設に入学しそのとき先生に「なんでも要求してください」と言いましたすごくこの子の為なら何でもしようと気負っていましたから・・・でも先生は「お母さんはただ園で疲れて帰ってくる子供をリラックスさせてあげてください」と言われ また「お母さんは療育者にはならないでください」と言われその言葉に肩の力が抜けて(ホッとできる存在であればいいんだ)と言うことを学びましたなので家ではほんとに本人の好きなことを自由にさせているだけですこどもにとって自分がどういう存在になりたいかそれは障害児・健常児に関わらず考えてみるとそう難しくないことでそれだけを頑張るのでいいのではないでしょうか?もちろん時には様々な事と戦わないといけないときもありますがやはり大切なのは子供と自分の関係ですよね 子供を憎く思うことそれはまったく異常なことではなく相手は自分ではない他人ですしそのくせ自分はその子の最高責任者なんだからいろんな気持ちが生じて当たり前ですよ自分のことを可愛く思えるから人のことも可愛く思えるんだろうし・・・私の言いたいことうまく伝わったかなあ

(2010)さわやかさん (2002年 5月 15日 水曜日 1:33 PM)
sawayaka11@hotmail.com
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
健康なお勧め朝ご飯 納豆・・・・1パック 50g 昆布・・・・ミルサーで粉末にする 5g 乾燥松葉・・・・ミルサーで粉末にする 5g 1週間以上  毎日 食べてください そうすると どうなるでしょうか? 吃驚しますよ まず 便秘なんて 直ぐ治ります 体重は 2kg位減りましたか? 体脂肪は?コレステロールは?血圧は低下?確実に減少し 血栓は 溶解して行きます 糖尿病の方は ブロッコリー 1個 山芋を 毎日 食してください 1週間で確実に Gluは 減少して行きます

(2009)momo (2002年 5月 14日 火曜日 8:04 AM)
いつも読ませてもらっています、momoです。 家にも今年就学した知的障害の男の子がいます。 確かに障害児を育てるってプレッシャーの連続だな〜ってつくづく感じます。 子供に対して精一杯やっているつもりでも、でも心のどこかにまだ 力の至り無さを感じて・・・。 どこまでやれば自分でも納得いくんだろうって思います。 外の目も障害児の親に対しては厳しい物があるし。 ほんとチューリップさんのいう通りに、何もかもパーッと 放り出せたらな〜って思います。きっとすっきりするんだろうな。 子供も大事なのはもちろんだけど、自分の心も大事にしなくちゃなっと思わせてくれました。 そして、迷子や事故。色々なお話しを読んでいると、 我が子の身を注意して見ていなきゃなと改めてハッとさせられました。 変な話し、明日はわが身かもしれないし・・・。

(2008)kao (2002年 5月 13日 月曜日 7:21 PM)
チュ−リップさん こんにちは!私も子ども達ふたりとも障がい児です。 私もどうして『私だけ・・・』と悲劇の主人公のように落ち込んでいました。 今は少しは前向きに考えられるようになりました。と自分では思っています。だいぶ時間はかかりましたけれど・・・。 >あれもだめ、これもだめ、ぜんぶだめって思ったらわーーーって全部放り出しちゃう。 で、自分にこもる。自分の好きな事して過ごす。元気がでたら1つ1つ放り出したものを拾い集める。 放り出したものを拾い集める。素敵な表現だなって思いました。 ありがとうございますね、チューリップさん! いつもいろいろなお話や考え方に私も考えさせられています。

(2007)チューリップ (2002年 5月 13日 月曜日 5:54 PM)
かほちゃんへ いつか「立派」な親になればいいんですよ。 自分が思い描く親に・・・。 それは他人から見たら「あんな親、子供がかわいそう・・・」と言われてしまうような親かもしれないけど、自分は自信をもって「立派だ」と思えれば良いんですよ。 私だって、感情的に怒ったり子供に当たったりします。 子供が障害児だってわかったとき、「絶対にこの子愛せない」と思いました。 親なのに、自分が生んだのに、そう思う自分が嫌で、障害児を生んでしまった自分の体も嫌で、そんな体に育てた親も嫌で、母乳が出なくなったのを幸いとミルクもオムツも抱っこする事も拒否してた。育児放棄してた。 そんな時、三重の今回の亡くなった子の隣に住んでる友達がお祝いを持ってきたの。 「親としてじゃなくて、一人の人間として好きになれば良いじゃん」って言われたの。 赤ちゃんてかわいいと思うでしょ。 何も知らない人から見れば、かわいい・・。 障害があるって知って、これから先の大変さを思うから、嫌だって思っちゃう。 でも、いきなり未来がやってくるわけじゃない。 今日がいっぱい積み重なって10年20年後になる。 今日だめでも明日O・Kならいいんだ・・・と思えたの。 今日子供が嫌いでも明日は少し好きになってるかも・・・って。 友達になるのにいちいち理由付けしないでしょ。一緒に同じ時間をすごしていつのまにか・・・でしょ。 よし、ここから友達だ、なんて決めない。 子供に対してもそう。今日生んだからとりあえず親だけど、いきなり親になっても どうしていいかわからないよ。 だから少しずつ。 今日より明日ほんの少しマシになってたらいい。 今日できない事は明日やればいい。 それでいいと思っています。 自分が「立派」だと思えば「立派」なんですよ。 あれもだめ、これもだめ、ぜんぶだめって思ったら、わーーーって全部放り出しちゃう。 で、自分にこもる。自分の好きな事して過ごす。 で、また元気がでたら、1つ1つ放り出したものを拾い集める。 それでいいんだよ。 友達ね、産めないの。子宮と卵巣がないから・・・。 子供大好きで大好きで、高校の時から子供の施設や保育園に押しかけて行って手伝いしてたの。 保母さんになって天職なのに・・・。 担当してる子の事でお母さんに話をすると「先生は自分の子がいないから・・・」 って言われるって泣いてるの。 「私にしたら、めちゃ幸せなんだから、離しちゃアカンよ」 彼女の口癖。 不幸なのは自分ひとりじゃない。視点をかえれば・・・と思います。

(2006)ちあき (2002年 5月 13日 月曜日 8:19 AM)
みんな、疲れてるね?!がんばっちゃってるね。 もちろん、障害児の親だもの、がんばってしまうよね。んで、疲れると色んな事考えてしまう、色んな事に腹が立ち、絶望的な気分になってしまう。うちも、去年は息子の担任が無能で、1〜2学期間ほとんど毎日学校に付き添ったり、息子の状態も悪くて、一日中泣き喚きパニックなど・・・めげそうな毎日で、どよ〜んとしてました。 でも!今年度は状況が変わったのですよ 担任はナイスな先生に替わったし、「介助員」も付きました。息子も、今もたま〜にパニクりますが、そんなに長くは泣かず、自分なりに我慢しようと努力しています。去年より成長したからでしょうか。 だから、今、ちょっと落ち込んじゃってる方には、「状況」って、変化していくもんですよ・・と、言いたいのです。今の絶望的な状態が、ずううううっと続くんではない、と。 ただし、待っているだけではいかんかも・・・私も、担任を替えてもらうよう、校長や教育委員会に何度も交渉しに行ったし、息子の事も、色々な手を打ちました。状況を少しでも改善しよう、と、もがいた1年でしたね〜。 しかし・・・もがく気力も出ない、なんて時もあったりしますよね・・・う〜ん、ちょっと休憩しますか、そんな時は!だる〜ん。自分なりの方法でね。それしかないでしょ、自分を守るのは。

(2005)かぼちゃん (2002年 5月 12日 日曜日 9:54 PM)
子供の事故について討論がなされていますが・・・。 3歳の自閉症の息子がいます。最近、本当に本当に育児に疲れて来ました。長男にも 気を遣ってやることが出来ず、またどこにも連れて行けず。長男はとても素直で明るい子なんですが、どうしても私のストレスのはけ口にしてしまうんです。最近では 主人が長男をお誕生会や公園に連れ出してくれるようになり、少し気が楽になりました。でも、時々「この子がいなくなったら・・・・」と想像してしまう。そうなったら、どんなに生活が楽になるか。今私達を苦しめている事柄も全て消え去ってしまう。そう考えてしまうんです。その子がいない生活なんて考えられないでしょう?って言われるかもしれませんが、あの子がいて苦しむ生活より、いなくて苦しい生活の方がいい。少なくとも、長男に不自由を強いる今の生活を、幸せとは呼べません。 神様に選ばれた、とおっしゃる方がいらっしゃいます。いろんなサイトでその詩を読みました。でも、少なくとも我々ではない。人生、そんな奇麗事で生きて行けるものだとは思えません。チューリップさんがおっしゃる‘立派な親’にはなれません。なりたいとも思えません。こんな悪魔のような気持ちでいるのは私だけでしょうか。 今まで、自分がこんな醜い心を持っているなんて知りませんでした。こういう自分を表に出してしまった次男の障害を、そして、自分の中にある障害を、心から憎々しく思っています。

(2004) チューリップ(2002年 5月 12日 日曜日 8:10 PM)
夢があるのなら、今からでも頑張れば良いじゃないですか。 私は、この3月まで仕事をしていました。 障害児二人抱えて、ご近所からは「親として・・・」とか、影であるいは直接言われてました.仕事が大変で抜けられないのに、子供の通 園施設の母子日と重なり、仕事を優先させたり、仲間に無理を言って30分だけ参加させてもらったりしてました。 「仕事も園もやめてやるーーー」と夜中泣き喚いた事もありました。 施設のお母さん達からもイベントなどの出席、協力がないと非難されたりしました。 今、退職して「仕事があったからだったんだ・・・」と思う事があります。 仕事をしてる時は子供のことなど忘れられたんです。 一歩仕事場から出ると、子供の事考えてました。 全部忘れられる時間があったから、障害児二人いても頑張れたかな・・・と思います。今は、作業療法の先生になれたらいいなーと思って、テレビやラジオの高校講座で勉強しています。学業から離れてずいぶん久しいですが・・・。 子供の通ってた施設では、遠くから専門の先生を招いて年に数回30分位づつ個別 に訓練を受けています。40人の子供たちがいるので、順番は1・2回しか回ってきません。 毎年、市に言語と作業の専門の先生の常駐を園の要望として出しているのですがかないません。で、いないならなればいいんだ・・・です。 国家資格は受験に年齢制限はないので、専門学校で3年間勉強して国家試験に受かればO・Kです。その専門学校に入る為の勉強です。 言語療法士とか作業療法士とか子供が障害児でなければ、知る事も関わる事もない仕事であり、人達です。 私は知る事ができてうれしいです。

(2003)たけちゃんママ (2002年 5月 12日 日曜日 8:49 AM)
神様のいたずらかぁ・・・・ いたずらにしては、深刻過ぎる〜!と思ってしまいますが、みょうちゃんの言うように、私たちが、障害児を生んでしまったことは、誰のせいにもできませんよね。私には、短大時代からの親友がいます。私のずぼらな生活ぶりをよく知っている悪友で、家事は苦手、多趣味の遊び好きということを知っていて、「そんなあなただから、障害児の親でいられるのよ!」とあるとき、言われたことがあります。つらいつらいことが波のように押し寄せてくる度に、励まして、話をきいてくれる友達です。その友達の言葉で、私は私でいられるような気がします。へいすけママさん、私も子どものせいで、自分の目指す職業をあきらめざるを得なくなったと思っていました。多分、たけちゃんが障害児でなかったら、夢に向かって驀進していることでしょう。子どもは、保育園に預けて、子育ての愚痴ばっかり言っていることでしょう。そして、子のない人をうらやんでさえいるかもしれません。健康な子どもを授かったことに、感謝しないで・・・。これで良かった・・・とは、まだまだ思えないけど、私は私の運命を好きになりたいと思います。いろんな真実にぶつかります。多分、健常児の親よりも、社会の壁にぶつかることは多いです。人の嫌いな部分を瞬時のうちに、感じ取るわざ(?!)も身につきます。のうのうと生きてきた人が、他人の痛みがわかり、他人のやさしさに気づけるようになります。う〜ん、これが障害児の親、また家族に障害者がいる人の利点かな・・・・。 しかし、あくまでも、私の個人的意見ということをご了承ください。それから、チューリップさんと、ばーばママさんの意見、少し、誤解が生じているような気がしました。チューリップさんのカキコの中で、東海地方の事件とご自分のお子様が亡くなられたときのことが、混同されるかな〜と思われる部分があると思いました。それで、ばーばママさんが、誤解したのかな・・と思ったのです。 今回の事件の親や親戚、近所の人たちが、妙に冷静で、チューリップさんのお友達が、その様子がおかしい!と思われたのですよね。チューリップさんの時は、呆然自失で、なにも手につかなかったという状態だったから。いろんな親がいるだろうけど、私も、ひどいなぁと思いました。お話をきいているとそう感じましたよ。ただ、チューリップさんのお子様のときは、ひどい言葉をかける人は、いなかったのではないですか?わからないけど。何を言われても、届かないほど、心的外傷を受けていた状態だったのだと思います。 私も、PTSDになったことがあるので、よくわかります。現実感の喪失、食べられない日々・・・。だから、そのような状態であることが、実は、一番つらい状態であるし、直るまで、多くの時間を要します。そのことをわかったもらえたらなーと思って、おせっかいですが、書きこませてもらいました。

(2002)みょう (2002年 5月 12日 日曜日 7:32 AM)
>へいすけママさんへ 娘の相談をしていただいてる臨床心理士の先生が以前こうおっしゃいました。 「まなちゃんが『自閉症』なのは、神様の悪戯だ」と・・・・・。 何も私達夫婦に悪戯(ていうか罰!?)しなくても〜〜〜〜〜!!と思いました。でも、障害児を持つ親は神様に選ばれた親だと思います。 私は宗教を信仰していませんが、へいすけママさんがカキコされたように「この親だったら障害児でも大丈夫だろう」と思われたのでしょう。 そう思った方が楽ですよね!

(2001)へいすけママ (2002年 5月 12日 日曜日 6:47 AM)
私は自分がかわいくて自分の好きな仕事がしたいのでへいすけが健常児だったらなあ・・・と思う事があり後ろめたい気持ちになることがあります普通 の親なら自分より子供で 子供のためなら自分のしたいことは我慢できてしまうんだろうなあ・・・なんて思ったりしてでも今は開き直っています子供のために自分が犠牲になっていると思ってしまうことから目をそむけず私が私であることそして自分を保つことにしました ”神様はこの親ならこの子を育てられるだろう”と見込んだ親にしか障害児を授けないのよと言ってくれた人がいてそれならボチボチやっていくしかないなあと単純に受け止めましたが”神様の意地悪”と思うこともあったりどうにかこうにかやっていますまとまりのない文になりましたね すみません・・・

(2000) チューリップ(2002年 5月 12日 日曜日 5:46 AM)
みょうさん 私も「死んじゃえば良いのに・・・」と思うときあります。 他人なら思わないかも知れないのに、親だから一番近くにいるからそう思ってしまうのかもしれないです。 「親」にいつなるんでしょう? 長男が生まれたとき、主人は「本当に自分の子か?」と思ったそうです。 抱っこしても実感がわかなかったって言ってました。 退院して、一緒に暮らし始めて、少しずつ自分に似てるところを見つけていって いつのまにか気づいたら宝物になってたそうです。 女性は自分の体の中で10カ月間一心同体でいるから、男性より「母」の気持ちになるのは速いかも知れません。 でも、「親」になるのは、子供が大人になるのと一緒に「親」になるんだと思います。 誰かに褒められたり、認められたりはあまりなくて、叱られたりする方が多いけど。 でも、子供を見たら結果はすぐ丸わかりだよね。 健常児も障害児もない。みんな平等。 がんばっても成果が上がらないときもあれば、ちょっとがんばっただけで大きな成果 が出るときもあるし・・・。 しんどかったり、辛かったり、楽しかったり、うれしかったりするけど、いつか 立派な「親」になれたらいいなーと思います。


ホーム 掲示板に行くバックナンバーに行く
Copyright(c) 2001 yoshino tuyoshi
ご意見ご感想は ty1022@stagweb.com まで