バックナンバー NO.1714〜1735
掲示板に掲載されたコメントです。

ホーム 掲示板に行くバックナンバーに行く


(1735) みけねこ(2001年10月5日 21時10分48秒)
今日は次男の運動会でしたが 昨年にくらべてぐーんと成長した姿を見られて満足。 50M走の時には大声で声援しました。 なんとか一直線にはしって完走してくれました。 去年は放送席に駆け込んじゃったりしたのでヒヤヒヤ。 いい顔してたのが何よりうれしかったな〜 今年はどこにいるか捜すのが大変だったから それだけみんなの中に溶け込んだ存在になったってことかな? 性に関しては我が家ではまだ自慰行為のみですので これが誰かに恋したりすると また別の問題が・・。 家族の者がソープに連れてく・・って話は聞いたことがあるんだけど やっぱりそりゃ抵抗あるね〜。 なんかこう、すかっと解決できる案なんてないかしら?

(1734) ティア(2001年10月5日 20時41分49秒)
性かぁ・・・。 仕事がら、痴呆のおじいちゃんの色ボケとか付き合うんだけど、深刻にとらえると逆効果 なので、明るく大袈裟に周囲に知れるようにかわすようにしていますが・・・。 男の子って、子供の頃から結構さわったりしてるので、「手を洗ってからさわる」みたいな習慣をつけています。汚い手でさわって病気になる子もいるので・・・。膿はでるし、オシッコの時痛いしでひどくなると大変です。

(1733) こーちゃんママ(2001年10月5日 14時59分44秒)
みけねこさんありがとうございます。 お兄ちゃんや弟さんともいい関係ができてるようで羨ましいです。我が家は一人っ子なもんで。 デンマークの福祉先進国やセックスボラの話は聞いた事がありますが、差し迫った問題ではないだけに抵抗を感じてしまいます。 でも、性の福祉の充実してない国、特に日本では、身近にいる家族が相手になるというか 手助けをしているという話も聞いた事があります。 それはいたたまれない事ですよね。 私たちがもっと声を上げていかなくてはいけない問題だと思うのですが、性というのは まだ、避けたい、隠したいという意識が働いてしまいがちです。真剣に考えていかなくてはいけませんね。

(1732) あおちゃ(2001年10月5日 2時5分17秒)
こんばんは。いつも、皆さんの書き込みをみて自分に渇をいれてます。4才7ヶ月の自閉君の母です。かっぱちゃんさんの書き込みをみて思わず自分と同じ悩みを持ってるなぁと思いました。家の子は今通 園施設に通う年中児。小学校入学までに幼稚園など普通児のいるところに通い刺激を得た方がいいのかと・・・。一人っことゆうこともあって、家でもなかなか子供と触れ合うことがないので。でも、家の子は環境の変化にとても弱く、人に対する拒否感がますます高くなりつつあるということから、このまま通 園施設に通った方がいいかなという結論に達しました。先生ともいろいろ話し合い週に一度など子供に無理のないような並行通 園という形にしていこうとなりました。かっぱちゃんさんも先生などいつも子供をよくみてくれている方といろいろ話し合って、子供によい形を見つけてあげてください。長々とすみませんでした。

(1731) みけねこ(2001年10月4日 16時39分11秒)
こんにちは。明日は次男の運動会3男同様、天気が気になります。 さて、リクエスト(?)もあった事なので、性のお話。 こういうのはできたら明るく話したいものですね。 実は深刻なんですが、だからって決して悪いことじゃないんですもんね。 うちの子が初めてマスターベーションしたのはおそらく中2の夏くらいです。 これは私が確認した時ですのでもしかしたら多少のずれはあるかも・・。 それも、モロ!目撃してしまって たまたま家にいた2才上の長男に「やってんねん!どうしよう」 などと相談してしまいました。「中2やろ、普通 やん」と軽くかわされたのですが それからは毎日のようにやってくれまして、さすがにめげた・・ 別に教えたわけではないけど、とりあえず布団の中でやってくれるのですが 普段でもおちんちんがきになるのか、つい股間に手が・・。 性というのは神聖で大切なものだけど、 食欲や排泄と同じで生理現象であるのも確か・・。 健常者ならそういう欲望は自制できるものの 知的に重い障害を持つ子にはけっこうつらいものが・・。 更に大人になってからのことも考えると不安がつきないな〜 な〜んて思ってるとこへ、ある同じ障害児のお母さんから こんなのが北欧にあるんだって・・と教えられたのが オランダで行われてる「セックスボランティア」 ボランティアがセックスに関してのサービスをしてその費用を自治体が補助してる 日本じゃとても考えられない福祉サービス! デンマークではオナニーの器具を無償で貸出しするサービスがあるとか・・ さすが福祉の国・・。セックスを身体介護の一環として捉えてるわけですね。 なんだか驚いたんだけど、納得してしまいました だからって、日本にはそういう土壌がないからそれをそのまま持ち込むなんて 絶対無理だけど、こちらのとらえ方を少し変えるだけで おしっこやウンチと同じように思えるようになったかな? 場所を特定して、ちゃんとさせてやったらいいんだー(手をキレイにするとか) もしかしたら本人もそれくらいにしか思ってなかったりして・・。 スキンシップはうちの子も好きですぐくっつきたがるけど 人がいる場ではできるだけ私のほうが少し距離をおいてますね。 家では逆に私のほうからくっつきにいきますけど。 お風呂は別です。 でも、これもその子その子で個人差があると思うんですよね。性に関してはどう捉えて接するかによるんだってわかったのが 私にとって精神的に安心できたかな? もしかしたら、将来こういうサービス作ってーって運動してるかもしんない(笑) 2003年度から支援費制度が開始されるけど、こういうサービス行う事業者とかはないよね〜(絶対) いろんな法律違反にもなるかもしれないしね。 ご参考になったかどうかはわかりませんが 我が家の性事情でした(笑)いつも長くてすいません。

(1730) こーちゃんママ(2001年10月4日 10時41分21秒)
久しぶりの“〆(^∇゜*)カキコでーす。 ミケネコさん、はじめまして。 「機会があったら性の話・・・」って書かれてましたが、ぜひ聞かせて下さい。 以前“障害児の性について”というセミナーに参加しましたが、期待はずれなものに終わってしまいました。 生の声が聞けるなんて、そうあることではありません。 うちの子は小4で、母である私がこれからどんな変化が起こりうるのか、きちんと把握しておかなければいけない年齢になってきてると思います。 私とのスキンシップは大好きな子で、ベタベタと甘えてきます。 こんなスキンシップも他人から見れば「こんな大きな子がベタベタして気持ち悪い」と 思われるかもしれません。 スキンシップはじめいろいろアドバイスいただけたらうれしいです。 よろしくお願いします。

(1729) ティア(2001年10月2日 20時45分18秒)
明日は末っ子長女の保育園の運動会です。一応クラス役員なので忙しい一日になりそうです。 お迎えにいつも長男、二男が一緒なので園ではすっかり有名人です。 長女も担当の先生に二人の兄の話をよくするようです。 でも、保育園の行事って、どうして平日なんでしょう? 土曜とか、日曜とかだともう少し楽に出席できるのに・・・。 先日、子供の担当の先生と、春の家庭訪問以来久しぶりに会いました。 いつもは、早延長なので、早延長担当の先生の方が馴染みなんです。

(1728)みけねこ (2001年10月2日 15時58分35秒)
終りました。末っ子の小学生生活最後の運動会!感動しました。 午後からは次男も一緒に見てたんですが、兄が見に来てくれてうれしそうでしたね。 兄弟っていいなぁ〜・・。 うちは男ばっか3人兄弟で長男が高2、次男が中3(自閉症児)で、3男小6です。 どの子も次男と一緒の学校生活を送っていますが 今のとこそれが原因でのいじめ等には遭遇したことってないですね〜・・。 上の子の時はちらっと考えなかったわけではないですけどね。 でも、元来楽天的な性格のせいか、「ま、大丈夫だろう」って感じで入学。 小学校でも中学校でも大丈夫でしたよ。 兄も全く気にしなかったし、弟は頼りにされて喜んだりしてましたね。 今でも次男が学校に来ると嬉しいみたいですよ。 作文や日記にも書いたりしてますしね。 兄は少し神経質な方なので「将来のこととか考えると、しんどくなる時がある」とか 言いますけど。話合いはよくするようにはしてますね。 彼は今の教育の現状を身を持って知ってるのでよけいしんどくなるみたい。 今の学校には様々な問題があって、現場の先生はどれから手をつけていいか わからない状態。 でも、どれも実は繋がってる気がするんですよね。 いじめ、不登校、暴力、差別 。 社会、地域、学校、家庭、それぞれが真剣に取り組み子ども達を包み込むことが できたらその問題は解決に向かう気がするのはやはり私が楽天的すぎるのでしょうか? さて、先日書き込ませて頂いた「学校教育法施行令・施行規則」について くわしい内容が載っているHPがありましたのでお知らせします。 障害児子育てネット http://hpcgi2.nifty.com/onelove/wforum/wforum.cgi 掲示板の管理人さんの書き込みにありました。 興味がおありの方はどうぞ。 実は今日は北欧のボランティアでとってもびっくりするけど興味深い 情報があったのでそれについて、書こうと思ってたんですが 結構賛否両論あると思うんですよね。 障害者の性に関する事です。 うちは14歳で、お年頃だからこういうのが実際に深刻な問題なんですよ。 また、機会があったら書き込ませてもらっていいでしょうか? そういう話題は避けて・・と言われたらやめます。 では、この辺で。

(1727)たっちゃんのまま (2001年10月2日 14時49分26秒)
久しぶりに、書き込みします 運動会シーズンですよね、わが息子も保育園の運動会これからです 今年で最後なのではりきって応援したいと思います さて、、来年の就学問題について悩んでます 現在母、妊娠九ヶ月のお腹と、二歳の子供を抱えて、学校見学してます 最近養護学校へ行ってきました、 今度、特殊も見学行きます、下の子と三年間いっしょの学校になることで いじめ問題も悩んでます皆さん、兄弟問題 どのように考えてますか 教えてください 。

(1726)みけねこ(2001年10月2日 8時32分32秒)
しゅんくんのおかん改めみけねこです。 おはようございます。 今日延期になった運動会やります。 最近は仕事も学校行事も忙しくてヒーハー言っております。 実は仕事は二つ掛け持ちしてまして、ほとんど休みなしです。 子ども3人、うち障害児1人でドタバタの毎日。 一日が40時間位あればいいのに・・。 自閉の子って結構、我が強くて自分がしたくない事って(必要なことでも) なかなかいうこと聞いてくれませんよね。 ガンコは特徴なのかもね。 うちのボーズもそんな時はしょっちゅうでしたね。 便秘気味のヤツに浣腸する時なんて説得1時間くらいですよ。 なにせ、もう14歳!力づくなんて無理なので 相手が折れるまで説得します。泣き落としもしょっちゅうです。 イライラして当たってしまうと、失敗します。 トイレにへたりこんで、熱弁する母親に他の子達も 「おかん、ようやるなぁ〜」とあきれるやら、同情するやら 協力もしてくれます。みんなに説得されて、怖いけどおそるおそるお尻を差し出す 姿は結構かわいいんですよね。 お食事中の方、ごめんなさい。 金曜は次男の運動会。中学最後の運動会!大声で声援を送るつもりです。 昨日も学校へ雨の中登校するあの子に 同じ学年の男子が「しゅんちゃん、がんばれよ」と小さな声援を送ってくれました。 聞いてないようでいて、しっかり聞いてるんですよね。 さて、そろそろ末っ子の応援に行きます。 行事が入ると仕事を休むので、楽しみなんだけど 気が引けますね。 仕事をお持ちのお母さんはみんなそうですよね。

(1725)かっぱちゃん (2001年10月1日 12時40分43秒 )
初めまして。パソコン触って2週間、初の掲示板書き込みです。 わが息子、4歳7ヶ月で発達遅滞と自閉と両方ある泣きまくるタイプです。 とにかく泣き出すと1時間くらい平気で泣き叫び自分で気分転換するまで騒ぎます。 あと触られることを嫌がり病院では3人がかりで押さえ込んでやっとです。 爪きるときもだんなと2人がかりなんですが必死に押さえてもう限界かんじてます。 ただご機嫌なときは相手をしてほしくてすり寄って来ます。 下にもうすぐ2歳の妹がいてやってることはもう負けてます。指差しはできるようになったところで発語はほとんどありません。 この状態で来年1年だけでも保育園に行かせて見たいなと考えています。 ただ現在通 園施設に通っていて、そこですら泣いててこずらせているので、ちょっと無理かなとあきらめぎみです。少人数で手をかけてあげたほうが伸びるのか、無理にでも刺激を求めたほうがよいのか難しいですね。 同じようなタイプの自閉傾向の子を見たことがないのでもしどなたかこういう子がいるという情報をお持ちなら教えてください。

(1724) うわっち(2001年10月1日 11時48分52秒)
ごぶさたしております。うわっちです。 うちも29日は運動会でした。年少の去年は、かけっこも先生に抱っこでしたが、今年は先生に手を引かれてコースを走り切りました。リレーでもちゃんと最後までバトンを持っていられました。成長、です。来年は一人で走れるでしょう。きっと。 クラスのみんなにもいろいろと助けてもらい、お母さんがたにも「ちいちゃんがんばったね」とほめてもらい…今の園はホントに心休まる環境です。でもこれもあと1年。来年の今頃は、新しい厳しい環境への準備でおおわらわでしょう。通 所施設の先輩たちはみんな歯を食いしばっています。  学校だけが子供の生活の全てを決めてしまう、とは思いたくありません。そうでなくても、学校の世界以外に自分の世界を持てないで苦しい思いをしている子供たちが多いように感じる今日この頃です。この子にとって「学校」は何を教わり、学ぶためのものなのかよく考えながら進路を決めたいと思っています。  悲惨なあの事件のあと、これからの世の中は自分が生きてきた時代ほど平坦ではないだろうな、と漠然と思っています。障害のある人やその家族にとっては受難の時代となる可能性もあります。そんな中で、とにかくこの子がまず「生き延びてくれたら」。  それを導いてくれるのはどこだろう…。

(1723)はむはむ (2001年9月30日 22時15分26秒)
久しぶりの書き込みになります。うちも29日に上の子の運動会がありました。障害児学級のお友達全員で走る時には先生のアナウンスで、「みなさん盛大な拍手をお願いします。」との配慮があり、たくさんの拍手のなか、頑張って走ってきました。ちょっと感激してしまいました。 たくさんの人に支えられてほんとにありがたいって感謝の気持ちでいっぱいになった運動会でした。下の子は今、保育園の年中さんですが、就学の事で障害児学級にするか、養護学校にするかで悩んでいます。今回の運動会では去年より、ずっと落ち着いて見ていられたので「このぶんでいくと障害児学級に行けるかも知れない」なんて思ってしまいました。あと1年様子を見て、就学の事を決めようと思います。どちらがいいかよく見極めなくてはなりません。主人は「できれば障害児学級に入れたい」と言っていますが、よく考えなくはと思います。受け入れてもらえるかどうかという事に関しては先生に「もうちょっと聞き分けがいいといいんだけどね」と言われていて、ちょっとつらいところです。来年になればもう少し聞き分けがよくなるのかどうか判りませんが様子を見ていこうと思います。

(1722) ティア (2001年9月30日 12時3分16秒)
9月29日は運動会でした。 長男はリレーの選手として3年4組の代表の一人として見事2着でゴールインしました。 他のお母さん達からも「頑張ったね」と声をかけられ親子ともども楽しみました。 でも、長男がリレーに選ばれた事を心よくおもわない親御さんもいる事を聞いて少し複雑な気持ちもありました。 担任の先生は「彼がいるから、クラス内のまとまりがいいし、だれかがいじめられても他のだれかがかばったりしてとても良い雰囲気ですよ」とおっしゃっていたけど、それと親の気持ちは別 で、この1年がまんしてみえる親御さんもいる、と言う事を考えないといけないと思っています。 ダウン症で心臓に欠陥のある子が地域の小学校に入学する時、何かあっても文句をいいません、という誓約書をかいたそうです。 要するに、命の責任は学校の先生では持てない、と言う事らしいです。 実際、十分配慮して行っていた体育で心臓の発作をおこして亡くなってしまった事が何処かの県であったそうです。 養護学校の教師をしている友人は重度になると、命がけで地域に通う覚悟があるかって 問題になる事もある、といっていました。 私は、もし、家の子達がそうなったら、本人が地域の学校に行きたいと言っても養護学校に通 わせます。生きて、大人になってほしいから。私達を置いて先にいって欲しくないから。

(1721) しゅんくんのおかん。(2001年9月29日 9時18分34秒 )
おはようございます。 気持ちいい朝ですね〜。 今日の大阪は晴れ! 明日は末っ子の小学校で運動会があるのですが 天気はどうかな? さて、学校は病院ではないというご意見、ごもっともです。 でも、障害児も病人ではありませんよ。 ただ、ちょっと手助けがいるだけ・・。 その先生はきっとステキな先生だったのだろうな。 だって、そんなにもその生徒さんのことを思っていてくれたのですから 逆にいうとその子がいたからそう考えることができたのかも 子どもにとって幸せだったかどうかはその子だけが答えられることでしょう。 もし、子どもが養護学校へ行きたいと思えばその思いをかなえてあげなければ いけないでしょう。 でも、行政というのはちょっと違う 現場にたって様々な子達と接してきた人達とは違う 学者達が机上で計画をたてているのです。 その背景には経済問題も関係してくるでしょう。 障害の軽い重いではなく、子どもや保護者が選択できる幅をもっと 広げてほしいのです。 そして、様々な障害があると他の子ども達にも知ってほしい。 私は今の仕事についてから様々な障害者の方と接する機会が増えました。 ある作業所の所長さんは「この子らは本当にすばらしい、この子らといっしょにいて 強く願えばなんでも叶うと信じてる」と輝くような笑顔でおっしゃってました。 その方のお子さんも障害者です。30年前に保護者で立ち上げた作業所でした。 今も他の作業所にはない活気で盛りあがっています。 地域の方にも支えられています。 もっと、強く優しくならなければと思った瞬間でしたね。 学校の先生方も現場で色々悩み苦しんでおられるでしょう。 でも、強く優しく子ども達を包み込んでいってほしい。 行政は現場の声や本人や保護者の意見をもっと真摯に受け止めてほしい。 求めてばかりですが、これも必要なことだと思うので・・ 個人でできる努力は惜しまずするのは当たり前、それ以上のことは 要求しなければ答えてはもらえないでしょう。 今、大阪の80%の障害児が地域の学校へ通 っているのも 「声」をあげての結果です。この地域でも小中学校はどの保護者も地域に行くのが 当たり前だと思っています。今求められているのは中身ですが・・。 さて、書き出すと止まらないのでこの辺で・・ 明日、晴れるかな〜? 皆様の運動会もステキな運動会でありますように。

(1720) ティア (2001年9月28日 19時4分27秒)
こんな事言うと「何言ってんの」と叱られそうですが、普通 の学校は病院じゃないんです。 学校の保健室では、例えば骨折したら病院に連れて行かれます。 「小さい、大きい、強い、弱い」と言う本で「保健室が悲鳴をあげている」と言う特集をしていました。この本は学校の先生や毛利子来さん、吉田真さんなどでつくられていて 障害についてとか、学校についての問題を取り上げています。 その中に保健の先生の意見が載っていました。彼女の勤務する小学校に重度の子供さんが通 っているんですが、毎日その子に何かあったら・・・助けられるかとゆう思いでいたそうです。 介護はそれをしなければ命に関わってしまう。子供一人に看護婦さんが一人ついていれば・・・。 でも、学校にいる間中看護婦さんに付いてもらわなければ他の子と同じ事ができないのって子供自身つらくないですか?みたいな事が載っていました。 学校にいくのは親ではなく、子供自身です。法律がどう変わろうが子供自身の気持ちが一番大事です。

(1719) しゅんくんのおかん。(2001年9月28日 0時4分55秒)
追記です。 「学校教育法施行令・施行規則」の改悪の情報源は「教育共闘」からのもので、確かな情報です。「教育共闘」とはあらゆる教育の場での差別 と戦う教師集団です。 ・障害児問題・在日外国人問題・同和問題などなど取り組みされてる先生方なのですが 私達の地域の親の会と共にいろんな運動をしています。 おそらくまだ一般への情報ではないと思われますが、これが実践されてからでは 遅いんです。あくまで案のうちに潰してしまいたいのです。 抗議メールは親の会で行うと先日の集会で決ったところです。 来週には抗議集会も行われます。 夜間の集会で場所も遠いので参加できるかどうかはまだわかりませんが 全容がはっきりしたらまた書き込みしたいと思います。 ただ、内容は先の書き込み通 りです。 「要介助の重度障害児・医療的ケアの必要な障害児については必要な条件整備が無い場合 地域の学校に入学を認めない」といったものです。

(1718) しゅんくんのおかん。(2001年9月27日 23時45分36秒 )
2回目です。こんばんは。 障害は個性なのか?常識とはなんなのか?しつけというのはどこまでするものなのか? 実に人様々な考え方があると思います。 そんな中のひとつとしてとらえてもらいたいのですが そもそも常識というのは人が作り上げたものです。 その枠から外れた人は非常識とされますが、枠そのものが人が作ったものなんですよね。 屁理屈といわれるかもしれないけど、そういった曖昧な「常識」にとらわれてると どうしてもその範囲でしか物がみえなくなってしまう。 だからといって何をしてもいいということではありません。 やはりしてはいけないことってのはあるし、ちゃんとそれは彼らに伝わる方法で 教えていかなくてはいけない。それも何度も根気よく。 その姿勢は常識とかではなく、心の問題だからこちらの心を彼らは実によく 理解してくれるんですよね。 でも、こっちの都合で動かそうとしてもなかなか動いてくれない。 「しつけ」という言葉はあんまり好きではないのですが 障害があるなしに関わらず、親子であろうが対等の人間として 話をし、これは困るし、してはいけない。伝える気持ちで接していきたいと思ってます。 親の役目は守ること、伝えること、そしてもう一つが作ること。 よりよい社会をつくり、彼らに残す。 全ての人間が「共に生き、共に学び、共に育つ」 幼い頃から身近に障害者と共に育った人間とそうでない人間とでは あきらかに違った態度をとります。一方は普通に接し、一方ではとまどう。 私達親ですら我が子が障害児と知った時はとまどったはずです。 が、小さい時からうちの子と一緒だったある同級生の友達は 「私が大人になって障害児を産んだら、みんなと同じ学校に行かせたいって思う」 と言ってくれました。 私へのねぎらいだったかもしれない言葉ですが、これが「共に生きる」ってことなんだ と、実感しましたね。 一緒にいなければ決してお互いを理解することはできない。 一緒にいれば少しずつでも理解できるはず。 親はいずれ老いて先に死ぬ。 彼らに必要なのは、親ではない、支えてくれる仲間、友達です。 支え合う社会を私達が作っていかなければ・・・。その思いが日に日に強くなってます。 大変長くなりましたがお許しください。

(1717)たけちゃんママ (2001年9月27日 23時24分34秒)
学校教育法施行規則のことですが、どこからの情報なのでしょうか? 今、希望する学区に、障害児が入れるよう、学籍措置をしてくださいと、県の教育委員会に要望書を提出する運動をしているのですが、とても心配になりました。  くわしいことが知りたいので、教えてもらえませんか?文部科学省のホームページに載っていますか?

(1716)ティア (2001年9月27日 22時9分17秒)
でも、色々、長長とカキコしたけど、この話自体、障害は関係無いと思いますよ。 普通の子でも、大きな声を出したり、騒げば注意されると思うんだけど・・・。 単純にしつけとかマナーとかT・P・Oとかの問題だと思うよ。 家の主人がこれを読んで「障害者だから・・・って、自分でおもいこんでるだけだ。 こっちがそうおもってるかぎり、他人もそういう目で見るし、思い込んでるから、 そう見えるんだ。」 と、言ってました。きつい言い方だけど、改めて読み返してみると、うなずける部分も あると思いました。

(1715)ティア (2001年9月27日 20時55分46秒)
通園施設でお世話になった先生の、長男が卒園する時言われたことばてす。「この世の中、普通 の人はいない。外見は普通に見えても、心に障害を持ってたりする。 私達は子供の心にまで障害を持たせたくない。」 いやな心、悪い心も見方を変えれば、立派な障害ですよね。

(1714) ティア(2001年9月27日 20時41分20秒)
お久しぶりです。 図書館の話を読んで、思わず「オー」としてしまいました。 これと似たような出来事があってちょっとナーバスになってたので・・・。 私の勤めてるのは某うどん、そばのチェーン店なんです。 そのお店に二男と通園施設で一緒だった親子が他数人とランチにやって来ました。 広い座敷にテーブルがいくつかあるところの、一個所に座りました。 しばらくして、別 の団体さんがやって来て、彼女たちと反対側のテーブルに座りました。 団体さんのテーブルから呼ばれたので行くと、彼女たちの子供の声がうるさいから注意してくれ、と言われました。とりあえず静かにしてもらえるよう頼みました。が、効果 なく 結局団体さんはすごく怒って帰りました。 私は、基本的に障害のあるなしに関わらず、いけない事はいけないとおしてるべきだと思います。 図書館でも、食事でも、静かな雰囲気を楽しむ人もいます。自分の家だったらO・Kでも 外ではだめな事もあります。家族以外の他人の事を考える必要があります。 普通 の人達はこれを自然に考えてやっていますが、障害のある子は、家の子達もそうですが、苦手なようです。障害のあるなしに関係なく、しつけとかマナーとかの問題だとおもいます。それぞれの家庭の考え方だと思います。 家の子達も小さい時はすごかったです。何度恥ずかしい思いで外食したか・・・。 ただ、繰り返し繰返し教えました。わかんないだろうな・・・と思いつつどうして静かにするのか説明して・・・。 先日、法事があり、お経の間、静かにしている事が出来ました。朝から言い聞かせたのがよかったようです。 他人って、一時が万事で障害者が一つ悪い事をすると全部が悪く思われるけど、一つ良い事があると他の障害者の評価も良く考えてくれるんです。


ホーム 掲示板に行くバックナンバーに行く
Copyright(c) 2001 yoshino tuyoshi
ご意見ご感想は ty1022@stagweb.com まで