バックナンバー NO.1〜25
掲示板に掲載されたコメントです。

(25)今日は楽しかった あんぱんまん (98/07/21 00:38 Tue)
今日は私の住んでいる地域の近くの天保山で花火大会がありました 自閉症の息子は最初花火の音にびっくりしていましたが、次第に慣れてきたようでそのうち花火が上がるたびにきれいやなーと喜 んでくれました。このように一緒に私たち親子が同じ物に感動して同じ時間を共有できることがこんなに素晴らしい事だというこ とをこの子が教えてくれました。ひとつひとつではありますがこの子はこの子なりの成長をしていってくれています、これからも 一緒に楽しめる事が一つでも増える事を期待して!

(24)ただいま休戦中 おかやん (98/07/20 20:26 Mon)
おねえちゃんも、弟たちに振り回されていたので最近になって、赤ちゃん帰りをしています。(テレビゲームをするとき以外) 療育手帳中度です。 双子はとっても環境・先生方に囲まれてのびのび、いきいきしています。(目がきらきらしています) そんな子供たちをみていると、自分一人だけではなく周りのいろんな人に頼ることも大切なんだ、と思うようになりました。 私にもとっても大切な友人と話ができる時間もできました。 一度・・・何度か捨てようと思った人生ですが、世の中なかなかすてたもんじゃない、と思う今日この頃です。

(23)毎日が戦争でした おかやん (98/07/20 20:15 Mon)
我が家には3人の子供がいます。 1人はウィリアムス症候群のおんなのこ。(12歳) 後の二人は双子の自閉症傾向・多動・知恵遅れのあるおとこのこです。 (5歳) 三年前までは、ねたきりの義父もいましたが、亡くなってしまいました。本当に毎日が大変でした。今年の5月から、事情があって双子は施設にお願いしています。1週間に1度1泊2日で1人ずつ帰ってきます。とってもかわい くて寝てからも顔を眺めていることがあります。つづく

(22)先行き不安ではありますが あやこ (98/07/19 23:11 Sun)
うちの子は自閉症です。今行ってる幼稚園がすごくいいとこで、 みんなにやさしくしてもらって、毎日楽しく過ごしています。 この前、お泊まり保育に参加して、ちゃんと泊まって来れたんです! 「この喜びを、多くの人とわかちあいたい!」ってぐらい、すごく 嬉しくて、仲良しのお母さん達とわかちあいました。 家では毎日TVゲームやパソコンで遊んでて、このままでいいのかと 不安です。とりあえず、療育センターの順番待ちしてます。 パパは精神科のお医者さんだけど、自分の子どものこととなると、 お手上げ状態。はやくショックから抜け出して、ありのままの彼を認めて欲い。

(21)ぼくは鬱病です ヨッシー HP:■ (98/07/17 13:37 Fri)
条件を脳と考えると手足はその条件に従う物にすぎない 脳からの命令が手足にうまく行き届かないそういう状態を人間の体でいうと神経症害になってしまう。 人間がある条件に従うということは、その条件の手足になる。 悪く言えば飼い主を守る調教された犬になるというのと同じ状態なのかもしれない。 今の社会で子供が「キレル」という現象はもしかしたら家庭で条件をつけられ そこから逃げたいのに外へ出れば社会の常識という壁にぶつかっている状態なのかもしれない。 そのような時に自己防衛が働き「キレル」という現象が起こるのかもしれない。 条件とはもしかすると人間を人間でなくするものなのかもしれない。 牙をむき出しにしている事にきずかない条件づけられた人間に対して「キレル」という 時限爆弾が秒読みをしているのかもしれない。そして病気・精神病・事故・ストレスあらゆる 災難はそれから生まれているのかもしれない。 条件というユートピアは存在するのか? 家族という条件、恋人という条件、仕事の条件、友達という条件、 誰かに好かれたいというエネルギー エネルギーを吸い取ってしまう条件....

(20)また寄らせてもらいます あんぱんまん (98/07/17 01:03 Fri)
もうすぐ夏休みになりますがどのように過ごそうかと考えている今日 この頃です、ある団体の主催されているキャンプに子供小学一年の自閉傾向のある男の子ですが一人で参加します。といってもボ ランティアの方等沢山いらっしゃるのですが、ちょっぴり不安と期待が交錯しています。元気でいってきてくれることを期待し て。 この掲示板を見ているといろいろな方が自閉症のことに関してかんしんを示されていることにうれしくおもいます。私も子供は自 閉症という障害を持ってはいますが、これもこの子の個性だという考えです なんだか支離滅裂な文章になってしまいました また寄ります、みなさんも夏ばてなどせず子育てがんばってください

(19)掲示板をみて りさ (98/07/15 00:36 Wed)
障害は「個性」としてとらえる考え方に同意します。 私は ある人を好きになりました。 彼はとてもおだやかで 楽しくて・・・ でも家族のことになると こちらの質問に答えてくれない時もよくありました。 最近彼が自分の弟は自閉症で そのことを君が知ると どう思うだろうか不安だったと言われました。 自閉症?それがなに?なにも知らないものの安っぽい反応でしょうか・・・  私は自閉症という言葉の感じから環境でそうなったものだと勘違いしていました。 もっと勉強したいと思います。

(18)いろいろな人との関わりについて けろっぴ (98/07/07 23:10 Tue)
初めまして!私には自閉傾向精神遅滞の障害持つ息子がおります。 今私を悩ませていることは、身内、知人、私たち親子を取り巻く様々な人たちとの対応の仕方です。どんなに説明を重ねてもやはり、当事者で なければ分からない様でもう、なにを言ってもむだなような気がしてなりません。やはり、私自身が全て受け入れなければならないのでしょう か?なんだか、とても寂しいですよね。  もっと、自然な感じでとけ込んでいけないものかな、と複雑な思いでいっぱいです。

(17)目に見えない障害を理解してほしい いずみ (98/06/19 14:35 Fri)
私の娘は「精神遅滞」・・・知恵遅れというのでしょうか。 今のところ実年齢より1歳くらいの遅れがあると思われます。 おとなになっての1歳って全然問題ないのに、6歳くらいまでのうちの1歳は、とてもとても大きな壁です。「普通 ではない」という見方をさ れます。じゃあ「普通」って何?と聞きたくなります。「みんなと同じ」なら「普通 」なんですよね。 愚痴になってしまいそうです・・・。 自閉症も精神遅滞も「目に見えない障害」です。眠っていたりすると全然わからない・・・でも、行動すると「変な子」というレッテルを貼ら れてしまいます。それが残念です。多くの方にこういう「目に見えない障害」を理解してほしい。体の障害へは多くの配慮がされるけど、それ 以外には、まだまだです。 支離滅裂になってしまいました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

(16)「おかあさんもっとしっかり」も参考になりました パパポヨ (98/06/11 03:52 Thu)
はじめまして 4才の男の子の父親です 先日妻がNHK出版の 「おかあさんもっとしっかり」という本を見つけてきました。 自閉症の子供を持つ我々夫婦にとって、非常に参考になり 現在普通の小学校へ入学できるよう、子供と共に ガンバっております。

(15)葛藤さんへ アンパンマン (98/06/11 01:43 Thu)
あなたのような方がご近所にいてくださるというだけでとっても素敵な事だと思います。多分そのおかあさんはすごくご近所に気を遣っておら れる事だと思います。私も小学生になった自閉症の子を持つ母親だからその方の気持ちとってもよく分かります。子供が大きくなるにつれ障害 を持っていよう私の手から少しずつ離れていくのです、その時地域の方が暖かく向かいいれてくだされば私たち親子はとっても過ごしやすくな ることでしょう。周りの方が少しでも多く自閉症のことについて知っていただければいいのですが 変な文章になってすみません

(14)はじめまして2 となりのママ (98/06/08 14:48 Mon)
世の中多くの障害者と健常者が生活しています。 その中で障害者を持たれる親にとっては本当に大変かもしれません。 ぷちとまとさんがどう理解したらよいのか?理解しようと思えば思うほど、 自分の中に葛藤が出てくるとありますが、私の家の近くにも障害児のお子さんがいます。 そのお母さんは私から見てすごいと思うほど明るく何時もあいさつをされます。 人それぞれいらっしゃいます。そのお母さんと接してる内その方の事が解るようになりました。 人と人との付き合いほど難しいものはありません。 私も良く解りませんが、こちらからあいさつされてみたら、いかがでしょうか。 きっとその方も気持ちの余裕がないのかもしれません。 私もぷちとまとさんの純粋な気持ちから何か教えられたように思います。

(13)はじめまして1 となりのママ (98/06/08 14:45 Mon)
はじめまして たまたまドラマの番組で難聴者の事をドラマにして放送されていました。 ドラマの中で障害者で離婚歴のある夫婦が昔、健常者と結婚してが回りから反対や いやがらせを受け離婚してしまい、同じ障害者同士結婚した所からドラマが始まり、 その女性は学校の先生で難聴児クラスの担任を受け持ち障害児がいろんな事に チャレンジしていくドラマでした。 一人の女性生徒が健常児の男性を好きになりお互いの親は反対の中先生だけが二人の 愛を理解してくれ応援して最後には結ばれる事になりました。 このドラマを見て私自身正直いって感動はしたけど、やはりドラマの中、 そんなに甘くはないのかもしれないと思いました。

(12)葛藤<2> ぷちとまと (98/06/03 18:14 Wed)
私自身、何とか理解しよう!! そう、思っているのですが朝早くから夜遅くまで続く奇声・・・ ベランダの柵をたたく音・・・・ 理解しようと思えば思うほど、自分の中に葛藤が出てきます。 色々な、自閉症児を持つ親御さんのHPを拝見させていただきます。 でも、私が知りたいのは近所にいる私はどうしたら良いのか? どう理解したらよいのか?と言うことです。 その子のお母さんは、顔を合わせると目線を避けられます。 その心境も、分かるような気もします。 たぶん、迷惑されているだろうな・・・ひょっとしたら、怒鳴り込まれるんじゃないかな?と、思われているのかもしれません。 でも、お互い言葉にしている訳じゃないのでお互いの気持ちは分かりません。 お互い、気持ちよくおつきあいできる方法はないのでしょうか? 長々と書いてしまって、すみません。 なかには、ご気分悪くされるような表現があったかもしれませんが お許し下さい。

(11)葛藤<1> ぷちとまと (98/06/03 18:13 Wed)
初めまして。 自閉症という言葉に惹かれて、ここに来ました。 といいますのも、実は我が家の裏に住む子供が自閉症児だからです。 今まで、自閉症は親のしつけとか愛情不足とかそういう認識でしかありませんでしたけれども、脳の障害と言うことがインターネットを通 じて 知ることができました。 自分なりに、理解しようと思って自閉症に関する本なども読んだりしています。(まだまだ、理解不足ですけれども・・・) ちょうど、裏の家の子供さんも小学校高学年です。 その子は、一日中奇声をあげて叫んだり、裸で走り回ったり・・・ よその家に入ってきたり・・・ そして、その子の後を追いかけるお母さんの姿はとても疲れておられるように見えました。

(10)一緒にがんばりましょう 悠介のお母さん (98/05/31 02:30 Sun)
私の子供も自閉的傾向と言われている小学校一年生です 今までの保育所と違って小学校となるといろいろな問題がでてきます なかなかこういう障害と言うものは見た目では理解されにくいので 誤解されることもしばしばです。これからも一緒にがんばっていきましょう

(9)肩の力を抜いてがんばっていきましょう 祥ちゃんのママ (98/05/27 11:06 Wed)
我が家にも養護学校1年生の男の子がいます。幼いとき病気がもとで 障害児となりました。明るく楽しい子なのが救いかな・・・ 一口に障 害児といっても 様々なお子さんがいるんですよね よく言われているように障害を<個性>として堂々と生きていける社会をと障害児を持つ 親としては願わずにはいられません。まぁ 肩の力を抜きつつもがんばっていきましょう

(8)一人で悩むのはやめて! 横田 和代 (98/05/25 11:00 Mon)
私の息子も障害を持っています。 LDという障害をご存知ですか?LD(学習障害)です。 私生活に関してはそれほどの遅れはないんですけど、 なにか特定の物事に関しての遅れ(理解ができない)等があります。 また、友達との付き合いが苦手で、表現をうまく伝えることができない為に すぐ手が出てしまい、辛い思いをすることあります。 でもHPを通して色々な障害児を持つ方のHPを拝見して私自身、勇気づけられ、 納得できる部分がたくさんありました。 これからも、期待して多くの障害者の方が住みよい社会になるように皆さん頑張っていきましょう。

(7)参考になりました。 大阪の医大生 (98/05/12 16:14 Tue)
私は大阪在住の21歳医学部の学生です。 将来福祉関係の医療の仕事に就きたいと思います。 私も今の教育に関して疑問視するところがあります。 私もその一人で、小学校の高学年からは遊びより勉強中心で過ご した記憶のほうが残っている。 今の教育は皆と一緒ではなくてはいけないのです。 能力平等ではなくてはいけないのです。 本当は、機械が好きなのでエンジニアになりたいと思っていた。 いつの間にか勉強中心の自分で人の事を考えきれない自分になっていた。 でも人生一度っきり、今の自分が何ができるか考えて、福祉で医療が出来ることに 頑張ろうと思う。 自分の人生だから……障害者に対して云えるのは一番切なくて、 一番頑張ることが出来るのは障害者本人ではないだろうか、 親や回りの人はいくらかわいそうと思っても代わることが出来ない。 頑張ってもらいたいのは障害者本人であると思う。 だから私はどんな障害を持つ人でも変わることが出来ると思う。 そのため親も一緒に頑張れると思う。 自分で何を云いたいか文書が支離滅裂になってしまった。

(6)すてきですね! 図子昌一 HP:■ (98/05/08 19:48 Fri)
徳島の図子と申します! すばらしいホームページをありがとうございます! 訪れた者が納得できる...特に わたしは、価値観というか随所に 「そう、そう思う!」と共感できるところがほとんどで 嬉しくなりました。 これからも期待しています!

(5)すごくいいです。 菅田 雅美 (98/05/08 16:36 Fri)
はじめまして、私が一番最初ですね。 友人のパソコンでネットサーフしている時見つけました。 絵がかわいくて見やすいです。 私は26歳の女性で、まだ未婚です。 亮君も毎日元気に小学校に通っていますか。 私の回りには障害児はいませんが、もう少し施設等があればと 思います。 これからも色々な事にチヤレンジして頑張ってください。 又訪問したいと思います。 私もパソコンがほしいです。 そしたら毎日でもインターネットできるのに。

(4)いよいよオープンします。 吉野 剛 HP:■ (98/05/01 13:20 Fri)
皆さんのご意見、ご感想も併せてお書きください。 よろしくお願いします。

ホーム 掲示板に行くバックナンバーに行く
Copyright(c) 2001 yoshino tuyoshi
ご意見ご感想は ty1022@stagweb.com まで